ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

KENNが浪川大輔に衣装を貸したことも! プロジェクト7周年「今はお互い分かり合って補える関係」 TVアニメ『明治東亰恋伽』インタビュー

明治にタイムスリップしてしまった主人公・綾月芽衣が歴史上の偉人たちと出会い、恋に落ちる恋愛ファンタジーゲーム『明治東亰恋伽』(めいじとうきょうれんか、通称:めいこい)のTVアニメが2019年1月より放送スタート。

『めいこい』は、これまでドラマCDシリーズ化、ミュージカル化、アニメ映画化され、今後アプリ化、実写ドラマシリーズ&実写映画化も決定。7周年を迎え、プロジェクトの展開はさらに勢いを増しています。

そんな根強い人気を誇る『めいこい』を支える、森鴎外役の浪川大輔さんと菱田春草役のKENNさんにインタビュー。TVアニメとなった作品の印象や、7年間で印象に残っているエピソードなど、たっぷりお話を伺いました!

TVアニメは原点に戻った印象

――原作ゲームから開始から約7年と根強い人気を誇り、ついにTVアニメ化になった今の心境をお聞かせください。

KENN:最初のゲームはまだフィーチャーフォンで、部分的にボイスを録らせてもらって。

浪川:容量的に、そんなにボイスデータが入らなかったからね。

KENN:そういうところからスタートして、満を持してのTVアニメ化という感じがします。

浪川:映画としての映像化もありましたが、毎週放送されるアニメシリーズは初めてなので、逆に7年経ってこういった展開というのも珍しいことですね。メディアミックスが多くなっている時代で2.5次元ミュージカルや劇場版にラジオ、ニコ生などもずっとやらせてもらっていますけど、それに順応していく作品は多くはないと思います。最初からメディアミックス展開を決めてスタートしていれば難しくないことだと思いますが、最初はそうではない形で進んでいたはずなので、そこから臨機応変に合わせていけたことがTVアニメ化に繋がったんじゃないかなと思います。

KENN:何よりもファンの方がずーっと付いてきてくださったというのが大きいですけど、ポータブルゲーム機やスマホでできるようになったりと変化していくのはすごく面白いなと感じます。

浪川:キャラクターも、戦国時代の武将モノなどはよくありましたけど、明治時代というのは少し新しかったのかもしれないです。今となっては文豪系もたくさんありますが、当時は珍しかったかもしれないですね。

KENN:スタッフさんにちょっとお聞きしたんですけど、歴史上の人物の記念館みたいなところや展示会などから、けっこう『めいこい』にオファーが来ているらしいですよ。

浪川:明治村とのコラボもずっとやらせてもらっているもんね。

KENN:だから、どんどん認知度も上がってきていると思います。

浪川:今や、『明治東亰恋伽』のタイトルを読めない人はいないんじゃないですか? 最初は“れんか”は耳馴染みがなくて読めない人もいたと思いますけど。

KENN:あ~、そっか!

――そうですね。『めいこい』の呼び方もだいぶ浸透していますよね。

浪川:『めいこい』ってもうほぼ原形ないもん。「こい」って! 漢字は使っているけど、発音だと「めい」しかないよ。

KENN:言われてみれば、確かに(笑)!

――イベントではコミカルな朗読劇なども行われていますが、TVアニメは少しシリアスな雰囲気もありますね。TVアニメで改めてキャラクターを演じるにあたって意識した点は?

浪川:今回のTVアニメは、もちろん監督のテイストが入って面白い部分もあるんですけど、特に最初の方はどのキャラクターも色っぽいというか、良い男度が何割か増しているとは感じます。僕の演じる森鴎外は、最近は面白キャラとして扱われることも多々あったので。

KENN:イベントの朗読劇だとそうですよね。

浪川:だから王道の好男子を演じるのが逆に新鮮だったというのはあります。鴎外の立ち姿や歩く姿がとてもムードがあるというか。

KENN:雰囲気があって、芽衣ちゃんに対してもすごく大人ですよね。

浪川:ドラマチックな演出になっているので、そこは変わりましたね。

KENN:そういった意味では、初めの方に2人でダミーヘッドマイクを使ってボイスを録った時のことが今でも印象に残っています。その頃は、まだ物語が始まったばかりでシリアスめな部分も含んでいて、鹿鳴館や不忍池だったり、明治の有名な場所の紹介を挟むドラマCDもあったりして、その原点をまた思い出したような感覚になりました。

浪川:いつの頃からか、鴎外はギャグ要素が強めになってしまった。イベントを多くやってからかな? なんでああなった(笑)? だから、確かに原点に戻った感じはあります。

KENN:個人的にミュージカル版も観に行かせて貰ったんですけど、最新作は鴎外さんがメインのお話だったので、そこでも大人っぽい印象はありました。悲恋というか切ないストーリーでもあったので、鴎外さんの魅力をまた新たに発見できて改めて素敵だなと思いました。

浪川:このまま(キャラが)迷子になるところだったからね。

KENN:でもズルいですよね! こう見ると、大人っぽくて男らしい部分もきちんとあるのに、ちょっと抜けているところや饅頭茶漬けとか行水の個性的な部分が出たりして。

1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき