ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[にんじんしりしり本場直伝レシピ]卵とからむ甘みがたまらない

[にんじんしりしり本場直伝レシピ]卵とからむ甘みがたまらない

沖縄料理のひとつ、にんじんしりしり。作ったことのある方も多いのではないでしょうか。にんじんのレシピのなかでも、特に人気が高いしりしりを、本場宮古島のレシピで味わってみませんか?にんじん嫌いのお子さまでも食べられる、本格にんじんしりしりのレシピを紹介します。

本場のしりしり、何が違うの?

宮古島の本格にんじんしりしりは、材料に「島にんじん」「雪塩(※)」「なまり節」を使います。島にんじんは、チデークニとも呼ばれる、冬が旬の沖縄在来のにんじん。黄色くて、ごぼうのように細長い形が特徴です。雪塩はサラサラとした粉雪のような塩。含まれている成分が多く、味を濃く感じることから、調節して使います。なまり節はかつお節の製造途中のもので、しりしり以外にも煮物やサラダ、またそのまま食べることもできます。

「雪塩」は株式会社パラダイスプランの登録商標です。

宮古島式「にんじんしりしり」のレシピ

島にんじん、雪塩、なまり節などの固有の材料は、沖縄のアンテナショップなどで手に入りますが、入手できない場合は、一般的に出回っているにんじん、塩、かつお節を使うようにしてください。

にんじんしりしりの材料

材料(2人分)

島にんじん(にんじん):200g

なまり節(かつお節):ひとつかみ

卵:2個

雪塩(塩):少々

ごま油:少々

醤油:香り付け程度(2滴ほど)

和風だしの素(顆粒):少々

和風だし(和風だしの素を少量の水で溶いたもの):少々

<トッピング>

かつお節:ひとつかみ(お好みで)

小ネギ:少々(お好みで)

作り方

島にんじんの皮をむいて、スライサー(※)で切る。スライサーがない場合は、包丁で千切りしてもよい。

アンテナショップなどで購入が可能な、「しりしり器」という専用の道具もあります。
にんじんをスライサーで切る。包丁で千切りしてもOK

1をさっと洗い、ザルにあけておく。

熱したフライパンにごま油を入れ、2を中火でよく炒める。
熱したフライパンにごま油を入れ、千切りにしたにんじんを炒める

にんじんをよく炒める

油でよく炒めることで、にんじんの匂いがやわらぎ、甘みが引き出されます。

3に雪塩を加えてさらに炒め、顆粒の和風だしの素となまり節を加える。
雪塩を加えて炒め、顆粒の和風だしの素、なまり節を加える

なまり節はにんじんを炒めてから

最初になまり節を入れると歯ごたえがなくなるので、にんじんを炒めてから入れます。

4に醤油を入れ、水で溶いた和風だしの素を加える。
醤油と、水で溶いた和風だしの素を加える

にんじんがしんなりとしてきたら、とき卵を入れて蓋をして10秒ほどで火を止める。
溶き卵を入れて蓋をし、10秒ほどで火を止める

卵の炒め方はお好みで

手順通りに作ると、卵がふわっとした食感に仕上がります。硬めの卵が好みの場合は、蓋をせず、しっかり火を通してください。

器に盛り、お好みでかつお節と小ネギをトッピングして完成。
お好みでかつお節と小ネギをトッピングする

最後に

にんじんをたくさん食べられるにんじんしりしり。せひ一度、本場の味を試してみてください。

[にんじん]料理別の切り方と保存法

[にんじん]料理別の切り方と保存法

体にうれしい働きをしてくれるβ-カロテンの含有量は、野菜の中でもトップクラス。生育には低温が適し、生産地を移動しながら一年中つくられています。日本には、中国を経て17世紀に伝来。短く太い西洋種が主流です。

最終更新:2018.12.26

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ

参考文献:
『新・野菜の便利帳 おいしい編』板木利隆監修(高橋書店)
出典:
株式会社パラダイスプラン 宮古島の雪塩(雪塩の特徴)
国立研究開発法人水産研究・教育機構 中央水産研究所(なまり節の製造)
総務省 静岡県の農林水産業(なまり節の食べ方)
宮古島観光協会青年部 宮古島流!美味しいにんじんしりしりの作り方!
宮古島 居酒屋「郷家(ごーや)」(レシピ提供)

VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy