ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『サッポロ一番塩らーめん』で作る簡単ペペロンチーノが驚きのウマさ! お湯を飛ばして混ぜるだけで激ウマ化!

現在NHKで放送中の連続テレビ小説『まんぷく』をきっかけに、袋ラーメンブームが到来しそうな気配を感じます。ドラマの流れで60周年を迎えた日清食品のチキンラーメンが最も注目を集めることになるでしょうが、袋ラーメンなら『サッポロ一番塩らーめん』も忘れてはいけません。

こちらも昔ながらの変わらぬ味でありながら、シンプルなようで奥深い塩味は絶品。今年の秋には都内のラーメン屋さんが『サッポロ一番塩らーめん』風に仕立てたラーメンを発売し、ラーメンマニアの間で話題になったりもしました。

ラーメン大至
塩らーめん
サッポロ一番 トリビュート

スープを一口啜れば、子供の頃にタイムスリップ、完コピじゃん!
麺は流石に乾麺ではないが、敢えてチープな縮れ具合を再現させた「山芋ポクポク麺」を開花楼より取り寄せる拘り様。
サッポロ一番みそラーメンのトリビュート希望!
明日17日まで!

人気ラーメン店の味を再現したカップ麺や袋麺はたくさんありますが、その逆の流れができるとは。『サッポロ一番塩らーめん』はそれだけラーメンとしての完成度が高い逸品なのです。

『サッポロ一番塩らーめん』をペペロンチーノ風にアレンジ!

今回はそんな『サッポロ一番塩らーめん』をパスタのペペロンチーノ風にアレンジする簡単レシピを紹介したいと思います。えっ、ウマいならアレンジせずにそのまま食えばいいだろって? いやいや、塩スープが絶品だからこそ、ラーメン以外にも可能性を切り拓くべきなのです。

アレンジに使う食材は以下の通り。ペペロンチーノに使う主な材料を揃える感じですな。

使用する食材

サッポロ一番塩らーめん 1袋
オリーブオイル 適量
にんにくチューブ 適量
唐辛子 適量

もちろんお好みで具材を加えたり、固形のにんにくを使用したり、唐辛子を鷹の爪にするとどんどん本格的になっていきますが、手軽にカスタムするなら上記の材料が揃っていればOKです。あくまでペペロンチーノ“風”ですからね。

簡単! 調理手順はこちら

では早速作っていきます。

まず鍋にお湯を沸かしますが、通常よりも量は少なめに。麺が半分くらい浸る量を沸騰させ、そこに麺を投入します。

麺をひっくり返したりしながら全体をほぐしていきます。1~2分もあれば写真のような状態になるはず。袋麺の焼きそばを作るときと同じ要領です。

麺がしっかりほぐれて水分が少なくなってきたら、粉末スープとにんにくチューブ、オリーブオイル、唐辛子を投入してよくかき混ぜます。そして全体をよくかき混ぜ、麺だけを食器に移せば完成です。

深みのある塩味が感動のウマさ!

完成したペペロンチーノ風の『サッポロ一番しおらーめん』がこちら。ビジュアルを考慮して唐辛子ではなく鷹の爪を使ってみましたが、見た目もかなりそれっぽい感じに仕上がっていますよね。

食べてみると普通に塩を使って作るペペロンチーノよりも味に深みがあることに驚くはず。オリーブオイル、にんにく、唐辛子が入ることにより、ラーメンからしっかりパスタの味に寄ってきています。これは美味しい! 『サッポロ一番塩らーめん』のスープがここまでパスタアレンジに適性があるとは。

麺の食感はもちろん本物のパスタとは別物ですが、不思議と中華麺っぽさも強くありません。インスタントの麺だからこそ逆に違和感が少なくて済むのでしょう。

パスタを乾麺から茹でるとそれだけで調理時間がある程度かかってしまいますが、『サッポロ一番塩らーめん』を使えば調理時間を大幅に短縮できるのも魅力。「家に『サッポロ一番塩らーめん』は買い置きしてあるけど今日はパスタを食べたい!」なんていうときには是非試してみてください。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき