ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

5.7Kの360動画を撮影できる「Insta360 One X」が発売

中国の 360 カメラブランド Insta360 が国内で 5.7K 360 動画を撮影できる新モデル「Insta360 One X」を発売しました。
Amazon での販売価格は通常 52,300 円ですが、現在は少し安い 47,541 円です(期間限定のようです)。
Insta360 One X は昨年発売された手持ち型 360 カメラ Insta360 One のアップグレードモデルで、新たに 5.7K(5,760 x 2,[email protected])動画や 50fps の 4K 動画を撮影できるなど、画質に関するスペックが大幅に向上しています。
ハンディタイプの 360 カメラというと 360 写真・動画を撮影してシェアするだけと思いきや、Insta360 One X にはジャイロスコープによる強力な手ブレ補正機能「FlowState」が搭載されており、360 度対応のアクションカメラとしても使用できるメリットがあります。
これはリコーの THETA V に無い機能の代表例です。
Insta360 One X はまた、カメラを専用アクセサリー「ドリフトダーツ」に装着することでカメラを投げて被写体を飛び越えながら撮影できる「ドリフトショット」、360 動画をエクスポートする際には任意の映像フレームで視点を変えた状態の作品にする機能、映像中の被写体を追尾するよう視点を自動的に変える機能、スローモーション撮影、ハイパーラプス撮影、HDR 撮影、通常の 360 ライブ配信だけでなく、ユーザーが視点を選んでその視点の映像のみをライブ配信する「FreeCast」等、従来の 360 カメラには無い機能が数多く搭載されており、かなり魅力的な 360 カメラだと言えます。
他にも、Wi-Fi 5GHz 帯に対応しており、映像データをスマホに素早く転送することや、映像中の特定シーンだけをスローモーションにして強調できる「TimeShit」等の機能もあります。
Insta360 One X は着脱式のバッテリーを採用しており、メモリについても Micro SD カードを使用する方式を採用しています。
本体底部には三脚用ネジ穴もあります。
Insta360 One X は Android / iPhone との接続をサポートしており、商品パッケージには Type-C ケーブル、Micro USB ケーブル、Lightning ケーブルが同梱してきます。
Source : Insta360Amazon.co.jp

■関連記事
ASUS、ゴリラガラス6採用の「ZenFone Max Pro(M2)ZB630KL」を発表
Pixel 3のCall Screen機能に初代Pixelもが対応
Android版ヤフオクアプリ、Android 9 Pieでのクラッシュ問題が修正される

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき