ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

太陽エネルギーで水から高温の過熱蒸気を生成する画期的なデバイスをMITが考案

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、2018年12月、太陽エネルギーで水を沸騰させ、この水蒸気をさらに加熱して高温の“過熱蒸気”を生成するデバイスを開発した。

この成果をまとめた研究論文は、科学オンラインジャーナル「ネイチャー・コミュニケーションズ」で公開されている。

・太陽エネルギーを効率的に活用し、水から高温の過熱蒸気を生成

研究チームでは、2014年、泡状炭素をグラファイト(黒鉛)で覆った特殊素材を水に浮かべ、この特殊素材に太陽エネルギーを吸収させて、水から蒸気を生成する仕組みを考案したが、特殊素材が水と直接接触するため、水中の汚染物質によって劣化してしまうのが課題であった。

そこで、この特殊素材と水を接触させずに太陽エネルギーで高温の蒸気を発生させる、タブレット端末のようなサイズのデバイスを新たに開発。

この特殊素材を中心として、太陽からの短波長を吸収する金属セラミック複合材料を上部に、長波長の赤外線を放射する素材を下部に挟み込み、三層構造によって、太陽エネルギーを効率的に活用し、水を沸騰させる仕組みだ。

太陽熱は中心部の特殊素材でも吸収され、この熱を使って下から上昇してくる水蒸気を加熱し、過熱蒸気を生成。

過熱蒸気は、デバイスに装着されたチューブを通じて取り出すことができ、調理や掃除、医療機器の滅菌などに活用できる。

・調理や掃除、医療機器の滅菌など、様々な用途に活用できる可能性

研究チームが晴天の屋外でこのデバイスの実験を行ったところ、1時間半で100度に達した後、3時間半にわたって過熱蒸気を生成し、その温度は146度まで上昇した。

研究チームでは、今後、このデバイスの改善に努めるとともに、様々な用途への展開を検討していく方針だ。(文 松岡由希子)

MIT News

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy