ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

Googleマップで周辺のキックスクーター所在地もわかるように! まずは米国13都市で

Googleマップで目的地までのルートを調べると、徒歩、車、電車などの移動手段でどれくらい時間がかかるか表示される。電車などの場合は乗り換えも、タクシーや配車サービスの場合はおおよその運賃も案内され、かなり便利だ。

その利便性をさらに高めようと、Googleマップに新たな交通手段が表示されるようになった。キックスクーターシェアリングサービスのLimeだ。交通手段としてLimeを選ぶと、最寄りのスクーターの場所を案内してくれる。

・所要時間や料金も案内

この新オプションは、まずはロサンゼルスやシアトル、オースティンなど米国13都市で始まった。当然、Limeが展開されている街だ。

マップを立ち上げ、目的地を入力し、道順を表示する。すると、移動手段のボタンが表示されるが、そこにLimeが加わっている。

最寄りのスクーターの場所に加え、現在地からそこまでどれくらいかかるか、スクーターの場所から最終目的地までのルート、所要時間、そして料金も案内される。

・専用アプリに移動

Limeユーザーが移動手段としてLimeを選ぶと、そのまま専用アプリにスイッチする。Limeユーザーでなければ、アプリがダウンロードできるアプリストアにジャンプする仕組みだ。

米国ではいまキックスクーターシェアリングの人気が急上昇中で、Limeも急速に広まりつつある。当然、このGoogleマップ表示は13都市以外でも順次展開される予定となっている。

Google Blog

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき