ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サムスンが“偽” シュプリームとのコラボを発表!本家シュプリーム側は完全否定、真相は?

サムスンが、12月10日に中国・北京で開催した新型スマートフォン「Galaxy A8s」のプレゼンテーションで、驚くべきコラボレーションを発表した。相手は、ニューヨーク発の人気スケートボードファッションブランド「シュプリーム(Supreme)」。

問題はその後。シュプリーム側が、「これは偽造組織の仕業。サムスンとの提携予定はまったくない」と、コラボを全面否定。予想もつかない展開に、周囲は騒然としている。

・コラボ相手は“シュプリーム イタリア”!?

サムスン中国支部デジタル・マーケティングマネジャー、レオ・ラウ氏によると、同社が組んだのは、本家本元のシュプリームではなく、「シュプリーム イタリア」と称するフェイクブランドだとのこと。

さらに、ラウ氏は自身のウェイボー(Weibo)で、「『シュプリーム』は中国国内での販売権利がないが、『シュプリーム イタリア』は、日本を除くアジア・太平洋地域で販売することができる」と、事の経緯を説明。この投稿は、すでに削除されている。

・各国での商標登録がないことが要因?

シュプリームのアイコンは、あの独創的なボックスロゴだが、本国以外で商標登録されていないため、たびたびこうした騒動が引き起こされている。そのためイタリアでは、 “International Brand Firm”と呼ばれる会社が、Supremeのブランドとロゴを商標登録。”Supreme Italia”の製品を制作している。

本家はこの会社を相手に、何度か訴訟を起こしたが、イタリア側の勝訴という、皮肉な結果に終わることもあった。今回の騒動の要因も、本家が中国での商標登録を怠っているからではないか、と見られている。

ラウ氏の投稿後、サムスンからの正式コメントは出されていない。この騒動、果たしてどこへ向かうのか。今後の展開を、要チェックだ。

souce by ars TECHNICA

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy