ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホで場所を確認して売り場へGO! 焼きいも移動販売サービス『焼きいもGO!』が都内で展開中[PR]

寒くなるこれからの時期、心と体が温かくなるおやつが“焼きいも”。昔は街中でもよく見かけた移動販売車は姿を消し、仕事の合間や帰宅時に気軽に買うのが難しくなりました。焼きいもの移動販売車がどこにいるのかリアルタイムで分かり、自分がいる所の近くにある販売場所を案内してもらえたら便利だと思いませんか? ポテトかいつかは、スマートフォンと連動した焼きいもの移動販売サービス『焼きいもGO!』を都内で展開中。販売場所のひとつ、京橋を取材してみました。

『焼きいもGO!』は、都内の予告された場所と時間帯で試験販売を展開中。スマートフォンでウェブサイトを見ると、リアルタイムに移動販売車の位置を確認することができます。

開店直後の移動販売車を発見。中ではスタッフさんが準備中で、正午と14時に焼き上がることが予告されていました。

取材日は雨だったのにもかかわらず、途絶えることのないお客さんの姿。

晴れた日のお昼どきや夕方には行列ができ、焼き上がりの15~30分後には売り切れてしまうそうです。

こちらで販売している焼きいもは、茨城県産の紅天使を使用した『ほくほく山KAITSUKA』。1本350円(税込み)。

専用の紙袋に入った1本はなかなか大きく、袋のミシン目を切ることで2つに割って食べることができます。1人で食べてもよいですが、仲のいい同僚や先輩・後輩で半分こして食べると、絆が深まりそうです。

お味の方は……ねっとりと滑らかな食感に、ぐどさのないしっかりとした甘さが印象的。皮も一緒に食べると、食感のアクセントと香ばしさが加わってグッド。ふだんあまり焼きいもを食べない人にもオススメです。

最近ではスーパーで年間を通して買えるようになった焼きいもですが、メインのお客さんは年齢層高めの女性。ポテトかいつかは、若い女性やビジネスマンなど、幅広い層に焼きいもを楽しんでほしいと『焼きいもGO!』を企画したそうです。温かい焼きいもを食べて「ほっこりする笑顔を広げたい」(ポテトかいつか マーケティング開発部 課長の林清一氏)という気持ちを表現した動画を公開しています。

ほくほく山 KAITSUKA【ポテトかいつか公式】(YouTube)
https://youtu.be/sVxehycLAx8

12月中は下記の場所と日程で販売を予定。将来的には移動販売車の位置と販売場所を随時、リアルタイムに確認できるようにしたり、複数台を都内で展開することを計画しているそうです。1月以降の予定は、ウェブサイトでチェックしてみましょう。

・京橋エドグラン 京橋中央広場(ガレリア)
東京都中央区京橋2-2-1
12月13日(木)
11:00~21:00

・戸越銀座 商店街販売スペース
東京都品川区戸越1-20-9
12月15日(土)、16日(日)
11:00~19:00

・吉祥寺丸井エントランス
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1
12月12日(水)、14日(金)、15日(土)、16日(日)

焼きいもGO! (ほくほく山KAITSUKA)
https://hokuhokuyama.com/

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。