ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「小林幸子」や「ポプテピピック」が町の中に!一生歩けるRPG「テクテクテクテク」TVCM放送記念キャンペーン中

11月29日に配信開始となった、「一生歩けるRPG」がキャッチフレーズの「テクテクテクテク」。

歩いて目撃。そして戦う。「テクテクテクテク」公式サイト
https://www.teku4.jp/[リンク]

『Ingress』や『ポケモンGO』にハマったという方には、特にオススメしたい位置情報ゲームである。
まずは自分のいる街区をタップし陣地を広げ、モンスターとのバトルなども行ってランクやレベルをあげてゆく。かなり精密な地図が用意されており、どんどん塗りつぶしていくのが面白い。移動したり陣地を取ったりすることでTTP(※「テクテクポイント」。「TPP」ではない)が貯まってゆき、ランクがあがれば「となりぬり」という機能が使えて実際にその場に行かなくても陣地を広げることが可能である。ここらへん、『Ingress』や『ポケモンGO』等とは異なり、その場にいかなくても戦略次第でさまざまな場所の街区を塗り進めることができる。アイテムやモンスターのドリップ機能などもあり、いろいろと奥が深い感じである。

さて、配信開始から1週間が経過した「テクテクテクテク」、現在TVCMの放送開始を記念したキャンペーンを行っている。

町中に登場する「第4の使徒」「小林幸子」「ゴジラ」「ポプテピピック」「大原優乃」を撮影し、ハッシュタグをつけてツイートするというもの。実際、巨大な小林幸子やポプテピピックなどが町中に出現した様子を撮影することができてかなりシュールである。
ちなみに「第4の使徒」からは「プログレッシブナイフの素」なるアイテムを入手可能で、ドリップにより武器のレベルもあげることができてゲーム序盤はかなり有力なアイテムとなる。まずは「第4の使徒」を倒せるくらいまでレベルをあげて、「プログレッシブナイフの素」を集めて……という感じでいいのではなかろうか。
個人的に、ここ1週間ほどひたすら遊んでいるゲーム。今後、「牧場機能」と「レイドバトル」の実装が予定されており楽しみ。皆さんもチェックしてみてはいかがだろうか。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき