ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

7才児がオモチャのレビューで年収25億円! 2018年のYouTuber長者ランキングが発表

毎日満員電車に揺られてつまらない仕事を繰り返している社畜のみんなをますます憂鬱にさせるニュースをお届けするよ!

世の中には、オモチャで楽しく遊んだり、お菓子を食べたり、バカ騒ぎしている様子をネットで公開するだけで何億円も稼ぐ人たちがいるみたいなんだ。その職業とは、そう、YouTuber。

アメリカの経済誌『フォーブス』が発表したところによると、2017年6月から2018年8月までの1年間に最も稼いだYouTuberは、弱冠7才のライアン君だったそうだ。彼の推定年収はなんと約25億円!

1730万人のチャンネル登録者数を誇るライアン君のチャンネル『Ryan ToysReview』は、オモチャやお菓子など、子供が喜びそうな商品のレビューに特化したチャンネル。ほぼ毎日アップされる動画はどれもすぐに100万回再生されるほどの人気で、拡散力は絶大。トイザらスやウォルマートなどの大手小売店では、ライアン君に紹介された商品を集めたコーナーを設けたり、ポップを貼り付けたりして、彼の人気にあやかろうとするところが多いんだって。

動画:Japanese Snacks and Candy taste test with Ryan!!!(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=fO4zSTaHqbk[リンク]

オモチャ以外では日本の駄菓子を紹介する動画なども。ライアン君はアメリカン風味のフライドポテトスナックが気に入った様子。お父さんは日本出身なので平仮名と漢字が読めるんだね。あと、この動画に限らず、お母さんの方が目立っちゃってる動画の方が多かったりする。毎日子供をさり気なく誘導して流れを組み立てて編集作業をしている大人の方が実は主役なのかもしれない。「好きなことで、生きていく」のって実はそれほど甘くない。なお、推計25億円の収益は、税金やマネージャー・弁護士などにかかった費用を差し引く前の数字で、動画本編の前に流れる広告からの収益がほとんどを占めるとのこと。

2位以下のYouTuberと推定年収は以下の通り。

2位:Jake Pole 約24.3億円
3位:Dude Perfect 約22.6億円
4位:DanTDM 約20.9億円
5位:Jeffree Star 約20.3億円
6位:Markiplier 約19.8億円
7位:Vanoss Gaming 約19.2億円
8位:Jacksepticeye 約18.1億円
9位:PewDiePie 約17.5億円
10位:Logan Paul 約16.4億円

画像とソース引用:『forbes.com』および『YouTube』より
https://www.forbes.com/sites/natalierobehmed/2018/12/03/highest-paid-youtube-stars-2018-markiplier-jake-paul-pewdiepie-and-more/#5920853a909a[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。