ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カルフールがブロックチェーンを活用した食のトレーサビリティシステムを導入

大手スーパーマーケットチェーンのカルフール(Carrefour)は、2018年11月、スペインで初めて、プライベートブランド「Calidad y Origen」で販売する鶏肉について、ブロックチェーンを活用したトレーサビリティシステムを導入した。

・ブロックチェーンにより鶏肉のサプライチェーンのトレーサビリティを向上

カルフールでは、2018年1月に公表した中期計画「Carrefour 2022」において、商品のトレーサビリティの改善にブロックチェーン技術を導入する方針を示していた。

このほどスペインで導入された新たなトレーサビリティシステムでは、フードシステムの透明化に特化したIBMのブロックチェーン基盤プラットフォーム「IBM Food Trust」を採用。

一連のサプライチェーンにおけるすべての履歴はデータで安全に保存され、消費者は、パッケージに貼り付けられたQRコードをスマートフォンで読み込むことで、ニワトリの生年月日、飼育方法、飼育場所、店舗への入荷日など、その鶏肉に関する情報を閲覧できる仕組みだ。

・サプライチェーンの透明化にブロックチェーンの活用広がる

カルフールでは、今後、プライベートブランド「Calidad y Origen」で販売する他の食料品についても、随時、同様のトレーサビリティシステムを導入する方針。

米国のウォルマート(Walmart)でも、2018年9月、葉野菜を対象に、ブロックチェーンによるトレーサビリティシステムを導入することを発表しており、食のサプライチェーンの透明化に向けたブロックチェーンの活用は、ますます広がりそうだ。(文 松岡由希子)

Carrefour

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。