ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

バーチャル蠱毒と九条林檎No.5の最強ロールプレイ( 風の吹くどこか)

バーチャル蠱毒と九条林檎No.5の最強ロールプレイ

今回は維孝内人さんのブログ『 風の吹くどこか』からご寄稿いただきました。

バーチャル蠱毒と九条林檎No.5の最強ロールプレイ( 風の吹くどこか)

皆さん、蠱毒って知っているでしょうか。

wikiせんせーによると、こんな感じ。

犬を使用した呪術である犬神、猫を使用した呪術である猫鬼などと並ぶ、動物を使った呪術の一種である。代表的な術式として『医学綱目』巻25の記載では「ヘビ、ムカデ、ゲジ、カエルなどの百虫を同じ容器で飼育し、互いに共食いさせ、勝ち残ったものが神霊となるためこれを祀る。この毒を採取して飲食物に混ぜ、人に害を加えたり、思い通りに福を得たり、富貴を図ったりする。人がこの毒に当たると、症状はさまざまであるが、「一定期間のうちにその人は大抵死ぬ。」と記載されている。

「蠱毒」『ウィキペディア』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A0%B1%E6%AF%92

つまりは同じ容器の中でたくさんの虫を飼って、共食いしていく中で最終的に残った1匹の虫が最凶の呪いを手にするというヤベー呪術です。

なんとそんな呪術が遂にバーチャル世界にもやってきたらしいです。やったね!

それが『最強バーチャルタレントオーディション~極~』。やたらかっこいい名前ですね。格闘マンガでしょうか。

「バーチャルタレントオーディショントップページ」
https://avatar2-0.com/kiwami/

どうやらSHOWROOM、TWIN PLANET、ピクシブの3社が共同でやってる企画なのですが、その内容がエグイ。

(1)キャラに12人、または13人の中の人がつく。5キャラいて総勢61人。

(2)それぞれがナンバリングで区別され、Twitterアカウント、SHOWROOMアカウントを持って期間中に配信。

ナンバリングで区別

(3)配信の人気度などから選考でふるいをかけ、人数が減っていく。
(4)各キャラ、選ばれた1人には育成マネージメントやテレビ出演が確約!!!

うーん、これはまさしく蠱毒。というか地獄。

戦わなければ生き残れない。

公開オーディションと言えば聞こえは良いですが、Vtuberはガワと魂が一緒になって初めて生まれるもの、というVtuberオタク達の考えを真っ向から逆らっていく企画ですね。

これを知った僕はTwitterで呟きました。

バーチャルタレントオーディションのVtuberに対する理解度の低さが面白すぎるので、いっそのこともっとカイジみたいな殺伐とした雰囲気でやるか、むしろ全員活動しちゃうかして欲しい

すると、エゴサに引っかかったのか蠱毒の真っただ中から返信が返ってきます。

この催しの世話役はいかにもバーチャルなぞ知らないいわゆる”陽キャ”に見えたな

その名も『九条林檎No.5』。

「九条 林檎 No.5 (@ringo_0_0_5)」『Twitter』
https://twitter.com/ringo_0_0_5

SNSを使いこなすヴァンパイアハーフらしい。

ランキングは全体で38位、『九条林檎』の中では下から3番目とあまり芳しくない模様。というか二次選考から落ちそうで消滅の危機。

そんな彼女からもたらされたこの情報は、企画の内容から察した通り。というか言っちゃうのかそれ。

なんだか悲しくなってきた僕はとりあえず彼女をフォローしてみて様子見の構えを取りました。

やっぱそうなんですね…。こんな風に絡まれたら応援したくなっちゃうから本当に血も涙もないよ…(フォロー)

奴ら我らが商品にしか見えていないからな
貴様らも我らを人間らしく頭を空っぽにして消費するがいい

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき