ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

チーズ鮒寿司・日本酒・延暦寺……滋賀県湖西エリアの「今」の魅力を現地レポート

長い歴史と豊かな文化を持ち、住環境にも観光資源にもめぐまれている滋賀県

しかし琵琶湖やベッドタウンとしてのイメージが先行しすぎるのか、対外的にはいまひとつその魅力が伝えきれていないきらいがある。

たまにテレビで取り上げられても“琵琶湖の水止めたろか”論争や、車のナンバープレートが他県から“ゲジゲジナンバー”と呼ばれる問題など哀しいネタばかり。

おまけに近年好調だった観光面でも近隣の大阪や京都がホテルを増やしたあおりを受け、宿泊者が減少してしまっているらしい。

そりゃああんまりじゃないか……ということで滋賀の地域風土を愛してやまない僕、中将タカノリがその魅力の神髄を紹介すべく現地取材を試みた。

日本仏教の母山……歴史ロマンと雄大な自然あふれる比叡山延暦寺

今回、重点的に巡ったのは滋賀県の中でも特に歴史的な地域である湖西

まずは世界文化遺産にも登録されている天台宗総本山『比叡山延暦寺』を訪れた。

比叡山は滋賀と京都の県境に位置し、その標高は848m。ふもとからバスで山道を登ると近江盆地が一望に見渡せる。

“伝教大師”最澄によって開山したのは788年。以来、織田信長による焼き討ちなど度重なる困難を乗り越え、今なお日本仏教の母山として広い信仰をあつめている。

今この比叡山の国宝殿で“伝教大師1200年大遠忌記念”と銘打って至宝展を開催している。

信長の焼き討ちを逃れた西塔瑠璃堂の本尊薬師如来像をはじめ、ふだんは非公開の国宝、重要文化財をふくむ貴重な仏像、仏画を数多く鑑賞することができるのだ。

時代ごとの最高の名手によってなされ、幾百年の祈りを浴びてきたそれらはいずれも何とも言えない重厚さと肉感があり、かつおごそかな風格が充ち満ちている。

また単にモノを並べただけの展示会とは違い、その作品が持つ意味や美しさが最大限に引き出せるよう心を砕かれているので、仏教美術に興味がないという人にも見ごたえのある空間になっている。

この機会を逃したらもう生きているうちには見られないものが多くあるだろう。この機会にぜひ訪れてほしい。

至宝展も今だけだが、改修中の国宝・根本中堂が見られるのも今だけだ。

根本中堂とは延暦寺における総本堂。788年の開山の際に建立された一乗止観院が発展し、幾度かの焼亡と再建を経て桁行11間(37.57m)、梁間6間(23.63m)という威容を現在に伝えている。

最後に大規模な改修をおこなったのは1955年なので、今回は約60年ぶりの改修となる。

突貫でやればもっと早い期間で終えられるが、工事中も参拝とお寺としての行事を滞りなくおこなえるよう、あえて手間と時間をかけ2016年から10年間の予定で改修工事がおこなわれているということだ。

全容は見渡せないが、工事のために組まれた足場からいろんな角度で建築の細部を見ることが出来るので面白い。これまで訪れたことがある方もあらためてその魅力を感じられるのではないだろうか。

国宝殿から根本中堂と山道を歩き疲れた僕は延暦寺会館1階にある『喫茶れいほう』で一休み。

れいほうでいただいたのは飲む人の干支を梵字をあしらったその名も『梵字ラテ』

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき