ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

サムスンの折り畳み式端末、いよいよ市場へ!量産体制へ向けて始動か

今か、今かと発売がまたれていたサムスンの折り畳み式端末。量産へ向けて、いよいよ動き出すようだ。

・新技術“Infinity Flex Display”を採用

発表があったのは、米国時間11月7日。開発者イベント SDC 2018にて製品を披露し、量産化の予定があることを明らかにした。

本体はブック型で、広げるとタブレットになり、閉じるとスマートフォンになる。外側のディスプレイのみで、通常のスマートフォンのように使えるのはもちろん、開いてひとつの大きな画面にしたり、左右分割タイプのマルチディスプレイとしても利用できる。

このような仕組みを実現したのは、“Infinity Flex Display”という新しいディスプレイ技術。何十万回開閉を繰り返しても、劣化しないよう設計してあるそうだ。素材はガラスではなく、“フレキシブルでタフな”ポリマー。一般的なデジタル端末に使われているものとは違うため、最初は違和感があるかもしれない。

本端末では、最大3つのアプリを同時に実行することができる。“Multi Active Window”と名付けられたこのシステムは、GoogleがAndroidで、正式にサポートするという。

・数か月以内に量産開始!?

サムスンのモバイル製品マーケティング担当SVPジャスティン・デニソン氏によると、ディスプレイ材料と製造ラインの準備はすでに進行中とのこと。今後数か月以内に、大量生産に入れるだろう、と語っている。

2011年から、フォルダブルフォンの研究に臨んできたサムスン。その努力が、ようやく実を結ぶときが来たようだ。そうなると、気になるのは競合メーカーの動き。“折り畳み端末”戦争の幕開けとなるか。来年以降の市場に、期待したい。

souce by THE VERGE

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき