ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恐ろしすぎる!まるで薬物依存……『ねほぱほ』「買い物依存症の女」が語った衝撃の実態「誰か止めてくれと思いつつ泣きながら買い物」

NHK Eテレの人気番組『ねほりんぱほりん』(10月17日放送回)に「買い物依存症の女」が登場。その実態が赤裸々に語られた。

番組MCのYOUと山里亮太が、見た目は「オシャレマダムという感じ」と表現した「買い物依存症の女」は、20代の息子2人を育てたシングルマザーの50代後半女性・ケイコさん(仮名)だ。30代から高級ブランドにつぎ込んだ額は、おそらく総額1億円にのぼるという。

何を買ったのか聞かれてもわからない

ケイコさんは、ブランド物好き。高級であればあるほど良く、「他の人が見て『この人すごい』と思われるようなものを身に着けたかった」と話す。

息子の学校行事や保護者会でも全身ブランド物で固め、他の母親からの冷ややかな視線も「羨ましいと思われている」と捉えていた。母親たちと自分の持ち物を見比べ、ブランド物で「常に必ず勝たなければならない」と思い込んでいたという。

ケイコさんが買い物依存症になったのは、結婚して2人めの子どもが生まれてから。生まれたばかりの次男の子育てに加え、長男が体が弱く手一杯の状況で、夫が家にあまりお金も入れず帰っても来ない、という生活に育児ノイローゼになってしまった。

そんな中、クレジットカードが主婦でも簡単に作れた時代だったため、ふと立ち寄ったインポートショップでカードでブランド物を買うことに喜びを感じたケイコさん。「育児でボロボロになっている自分が、ワンランク上の人になった気がした」と語った。

そこから「買い物をしたいがために、ほかのことが頭に入らなくなってくる。街でステキだなって思うものが見つかってしまうと、パチッて何か頭の中でスイッチが入ったような感じがして買わずにはいられない理由をつくり出す」、「朝、起きたときから寝るまで、ずーっと何を買おう、お金をどうしようっていうことで頭がいっぱいになっていましたね」と、買い物依存に陥る。

店員におだてられて、「いただくわ」と現金やカードを差し出した瞬間が気持ちのピークで、あとで何を買ったのか聞かれても「何を買ったんでしょう?」と袋を開けてみないと自分でも何を買ったかわからない、と驚きの事実を明かす。

さらに、プライドが高すぎてキャンセルや返品は出来ず、サイズが合わない靴を血を流しながら履いていたことも。

衝動が止められず、泣きながら買い物

家の中に置くものには一切興味がなく、「身につけて人に見てもらわなければ意味がない」という考えのケイコさんは、お惣菜や新しい野菜を買っても嬉しくないしワクワクしない。常に身につけられるブランド物にしか興味がなかったのだ。

その理由を、「最近思ったんですけど……」と分析したケイコさんによると、高校を裏口入学しており、自分に見合わない高い偏差値の学校の中で罪悪感・劣等感を感じていたケイコさんを支えたものがブランド物だった。自分だけが同級生の中で唯一父親に買ってもらったロレックスの腕時計をしていることで、自分の価値が上がり、「そこにいても良いような気がしてきた」と振り返った。これには、YOUも「根深い」とため息を漏らす。

「高価なものが自分の価値を上げてくれる」という根深い背景により買い物依存症に陥ったケイコさんは、家賃を握りしめ、「これを買い物に使っちゃうと明日振り込めないんだよな」と思いながら、半泣きで車を運転してブランドショップへ行き、泣きながら買い物していたことも。

「でも、止められないんですよ」とその時の心境を話し、「自分では止められないから誰か止めてくれ」と思い、車で反対車線に飛び込もうとしたこともあるという。その壮絶な心境に、山里も「物欲が強いというレベルじゃない。それが依存症なんですね」と恐ろしさを実感したようだ。

消費者金融から借金をして自転車操業でやりくりしていたケイコさんは、父親の遺産6000万円も2年ほどで使い果たしてしまった。

「バッグは欲しいけど家は別にいらない。家はいらないけどシャネルは持っていたいと本気で思っていましたね」と買い物に依存していた時の考えを述べたケイコさんだが、6年前に依存症の回復施設に通い、2人の息子にもすべてを打ち明けた。回復施設に行って「ここでなら私止められるかもしれない」と初めて思えたと語り、今はブランド物を買うことは我慢出来ているという。

家では、ショップチャンネルを見てつい買い物をしてしまうことも多かったため、自分の部屋のテレビのリモコンを押さないように、彫刻刀で削ってボンドで固めたと語る。

「そこまでしないと自分が信じられない。夜中に(無意識に)テレビをつけちゃうんですよ」というケイコさんに、MCの2人も「薬物の話をしているよう」とその依存症の実態に衝撃を受けていた。

放送内容の一部をテキストで読むことが出来ます↓
http://www.nhk.or.jp/nehorin-blog/100/307320.html


【ねほりんぱほりん】買い物をやめられない・・・依存症に陥った女
https://youtu.be/aALb4tnPw7A[YouTube]

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。