ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

圧巻のラインダンス! 東京ディズニーシー初開催『イッツ・クリスマスタイム!』でホリデー開幕

7日(水)、東京ディズニーシーにて「ディズニー・クリスマス」のプレスプレビューが行われ、今年初登場「イッツ・クリスマスタイム!」がお披露目。大迫力のゴージャスなハーバーショーがXmasに誕生しました!

「イッツ・クリスマスタイム!」は、クリスマスの音楽やライブパフォーマンスで魅せる今年初登場のレビューショー。スタァ、ミッキーマウスを筆頭に、ディズニーの仲間たちやシンガー、ダンサーがハーバーに集い、東京ディズニーシーらしいクリスマスの豪華なひとときをお届けに参る!

このディズニーの仲間たちがお届けする同ショーでは、シンガーが歌うクリスマスメドレーに乗せて、カラフルな衣装を着たダンサーたちが続々と登場。クリスマスの名曲に合わせて軽快なタップダンスや足並みの揃った美しいラインダンスなどを披露、集まったゲストを魅了するというもの!

出演キャラクターは御存知ミッキーマウスやミニーマウスをはじめ、ドナルドダック、デイジーダック、プルート、グーフィー、チップ、デール、マックス、クラリスなどのほか、スクルージ・マクダック、ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニ、ステラ・ルー、サンタクロースも大登場!

ショー終盤にはミッキーたちがステージ上に集い、大切な人と過ごすクリスマスの喜びを分かちあうと水上に2つのツリーがザーン! と立ち上がり、サンタクロースとダッフィー&フレンズもバージでかけつけ、盛り上がりはMAXオブMAX! 最後はパフォーマー全員によるマジで圧巻のラインダンスでハーバー全体が包まれ、上空にはパイロが盛大に打ちあがり、豪華なレビューショーはフィナーレ。これを見ずに平成は終われないわ!

「イッツ・クリスマスタイム!」
公演場所:パレードルート
公演場所:メディテレーニアンハーバー
公演時間:約25分(1日2回/日中)
出演者数:約130人

文章:ときたたかし

(C) Disney

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。