ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬の夜に身も心も温めてくれる必見海外TVドラマ5作品! ーキネマ旬報セレクションー

人気ドラマ『SUITS/スーツ』の日本版が制作されたり、韓国ドラマ『グッド・ドクター』が日本に先駆けてアメリカでリメイクされたりと、ますます身近になる海外ドラマ。この冬もスピード感あふれるレスキュー・アクションや感動の医療ドラマなど、新作ドラマが続々、日本に上陸する。冬の夜に身も心も温めてくれる必見ドラマ5作品を紹介!

『9-1-1 LA救命最前線』

“救命の最前線にいる人々を1話完結で描くレスキュー・アクション!”

様々な事件、事故が頻発するLA。女性警察官アシーナ、若き消防士バック、そしてバックを時には厳しく、時には温かく見守る隊長ボビーらの活躍が続く。だが、電話を通して、命の危険にさらされた人々とヒーローをつなぐ、緊急通報オペレーター、アビーもまた、隠れたヒーローなのだ。

人々の危機を救うヒーローたちも、日常ではそれぞれの危機に対面している。アシーナは夫がゲイであることをカミングアウト、バックは女性とまともな関係が築けないことを自覚しており、ボビーは過去の体験から心に大きな傷を秘め、アビーは認知症の母を介護している。命を助ける喜びと、助けられなかった命への苦悩を描く複数のストーリーが毎回クロスするテンポの良さはバツグンで、スタート直後に人気ドラマとなったのも納得の出来だ。

★ココもCHECK!★ 製作総指揮は売れっ子マーフィーが担当!
『9-1-1』のクリエイターは“超”の付く売れっ子ライアン・マーフィー。『glee/グリー』(09~15)、『アメリカン・ホラー・ストーリー』(11~)ほか、質が高く、とびきり面白い番組を手がけている。2018年度エミー賞で多くの賞を獲得した『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』(18)も彼の作品。

『9-1-1 LA救命最前線』(原題:9-1-1)
2018年・米・全10話
◎VOL.1~5 11月2日レンタル開始 
◎DVDコレクターズBOX 11月2日発売 8,000円+税
◎デジタル配信中
製作:ライアン・マーフィー 
出演:アンジェラ・バセット、ピーター・クラウス、オリヴァー・スターク、コニー・ブリットン
発売・販売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC, All Rights Reserved.
文=鬼塚大輔

『ウエストワールド〈セカンド・シーズン〉』

“人間の欲望をかなえるテーマパークが舞台のSFサスペンス”

西部開拓時代の牧場主の娘が、ふと思う。この瞬間は前にも体験したような──。西部開拓時代を模したテーマパークで、与えられた役を演じる人間そっくりのアンドロイドたちが、ファースト・シーズンでは次第に“自我”に目覚め、セカンド・シーズンではパークの支配のために行動を開始。さらに新たなテーマパークも登場する。

それと並行してファースト、セカンド・シーズンを通して描かれるのが、壮大な謎解きミステリー。パークの設計者2人と経営者、三者とも異なるパーク製造の真の目的が、少しずつ解き明かされる。しかも、クリエイター/製作総指揮は『ダークナイト』(08)の脚本家ジョナサン・ノーラン、製作総指揮にはJ・J・エイブラムスも参加。全話を通して伏線がたっぷり仕込まれ、怒濤のサプライズが待っている。

★ココもCHECK!★ セカンド・シーズンには真田広之、菊地凛子らが出演!
セカンド・シーズンでは、さらなる暴力と流血を求めるパーク来場者のために江戸時代の日本を再現したテーマパーク、“ショーグン・ワールド”が登場、真田広之、菊地凛子らが出演する。また、2018年度エミー賞では、菊地演じるアンドロイドのアカネと親しくなるメイヴ役のタンディ・ニュートンが助演女優賞を受賞。

『ウエストワールド〈セカンド・シーズン〉』(原題:WESTWORLD)
2018年・米・全10話
◎VOL.1~5 11月7日DVDレンタル開始
◎ブルーレイ コンプリート・ボックス 12月5日発売 11,300円+税
◎DVD コンプリート・ボックス 12月5日発売 9,400円+税
◎デジタルセル(字幕のみ) 先行配信中
◎デジタルレンタル 11月7日開始
製作:J・J・エイブラムス、ジョナサン・ノーラン
出演:アンソニー・ホプキンス、エド・ハリス、ジェームズ・マースデン
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
(C)2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
文=平沢薫

『サルベーション ―地球(せかい)の終焉―』

“小惑星衝突まで186日! 4人の男女が解決に立ち上がる生存サスペンス”

186日後に小惑星が地球に衝突するという非常事態の中、派手で大胆なセレブ起業家ダリウス、規則に真面目な国防総省副長官ハリス、MIT学生リアム、国防総省報道官グレースが地球救済計画を進めていくSFサスペンス。ジャーナリストが嗅ぎまわる中、米国の衛星のハッキング事件が発生する。果たして犯人は誰なのか?

サスペンスと並行して、関係者それぞれが残りの日々をどう過ごすかという個人的な物語も進行。ハリスとグレースの秘密の恋、リアムとSF小説家志望の若い女性の出会い、ダリウスの意外な過去など、年齢も職業も多様な人々の群像ドラマにもなっている。

製作総指揮はアレックス・カーツマン。J・J・エイブラムス組出身、ドラマ『Hawaii Five-0』(10〜)などのクリエイターが手練れの技を披露している。

★ココもCHECK!★ ダリウスは起業家イーロン・マスクのイメージ?
起業家ダリウスは人類の火星移住を計画するが、これは実在の起業家イーロン・マスクと同じ。ZOZOTOWNの前澤社長はマスクの会社の宇宙旅行に参加する。前澤社長は剛力彩芽との交際も話題だが、マスクは一時、ジョニー・デップの元妻、『アクアマン』(18)のアンバー・ハードと交際していた。

『サルベーション ―地球(せかい)の終焉―』(原題:SALVATION)
2017年・米・全13話
◎VOL.1~7 11月7日レンタル開始
◎DVD-BOX 11月7日発売 9,300円+税
製作:アレックス・カーツマン、ピーター・レンコフ
出演:サンティアゴ・カブレラ、ジェニファー・フィニガン、チャーリー・ロウ、イアン・アンソニー・デイル
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C)2018 CBS Studios Inc. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc.All Rights Reserved.
文=平沢薫

『グッド・ドクター 名医の条件 シーズン1』

“『Dr. HOUSE』のクリエイターがサヴァン症候群の天才医師を描く!”

クリエイターは名作医療ドラマ『Dr. HOUSE ドクター・ハウス』(04〜12)のデイヴィッド・ショア。この2作には共通点が多い。主人公の医師が、仕事は天才的だが人間関係面に問題があり、基本的に1話完結形式で、毎回、同僚やの患者たちとの胸に染みるいい話が描かれていくところが共通だ。

しかし大きく違うのは、主人公のキャラ。主人公の青年ショーンは、自閉症でサヴァン症候群で、対人関係というものを学習中。なので彼の行動や言葉には、邪心も忖度も遠慮もまったくない。そのため失敗することも多いが、その純粋さが清々しい。

そんな主人公を演じるのがフレディ・ハイモア。彼が『チャーリーとチョコレート工場』(05)で演じた少年がそのまま大きくなったような、ピュアで一生懸命な青年像で魅了してくれる。

★ココもCHECK!★ 韓国の人気ドラマ「グッド・ドクター」をリメイク
本作は米ABC製作だが、2013年に韓国で放送されたドラマ『グッド・ドクター』のリメイク。基本的な設定は同じだが主人公の診療科目が違い、米版は外科で、韓国版は小児外科。主人公のほのかな恋も異なり、米版ではアパートの隣人に恋するがうまくいかず、韓国版は同僚の女医と互いに好意を抱くようになる。

『グッド・ドクター 名医の条件 シーズン1』(原題:THE GOOD DOCTOR)
2017年・米・全18話
◎VOL.1~9 12月5日レンタル開始
◎DVDコンプリートBOX 12月5日発売 12,000円+税
◎デジタル配信 12月5日開始
製作:デイヴィッド・ショア、ダニエル・デイ・キム
出演:フレディ・ハイモア、リチャード・シフ、ニコラス・ゴンザレス、アントニア・トーマス
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2017,2018 Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises Inc. All Rights Reserved.
文=平沢薫

『サバイバー』

“思いがけず米国大統領になった男が奮闘するサスペンス・アクション”

大統領継承権保持者の末端にいた閣僚のカークマンは、現職大統領のみならず、自分よりも上位の継承権保持者たちが大規模テロで全滅してしまったため、アメリカの最高権力者、そして世界一重要な人物となってしまう。

テレビドラマ史上に残る傑作『24』(01~)で、大統領に悩まされ、裏切られ続けてきたキーファー・サザーランドが大統領役というキャスティングも洒落ているが、新大統領に襲いくる危機の数々は、ジャック・バウアーが切り抜けてきた危難に劣らぬものばかり。国際情勢、政権内外の権力争い、テロの犯人を探るFBI女性捜査官(マギー・Q)など、ストーリー展開から目が離せないが、ドラマを通して「理想の大統領像」を見つめ直そうとしているのも興味深い。今こそ必要なこのドラマ、シーズン3制作も決定した。

★ココもCHECK!★ 『NIKITA』のマギー・Qが捜査官を熱演!
FBI捜査官を颯爽と演じているマギー・Qにも注目。以前に出演していたドラマ『STALKER:ストーカー犯罪特捜班』(14〜15)は早々とキャンセルになってしまったが、『サバイバー』はシーズン3が決定で、主演ドラマ『NIKITA/ニキータ』(10〜13)と並ぶかもしれない。さらに延長されれば、彼女の代表作となる可能性も。

『サバイバー』(原題:DESIGNATED SURVIVOR)
2016年・米・全21話
◎VOL.1~11 レンタル中
◎DVD-BOX1 発売中 11,800円+税
◎DVD-BOX2 発売中 12,800円+税
製作:マーク・ゴードン、キーファー・サザーランド
出演:キーファー・サザーランド、ナターシャ・マケルホーン、エイダン・カント、イタリア・リッチ
発売・販売元:KADOKAWA
(C)2017 The Mark Gordon Company and ABC Studios.
文=鬼塚大輔

(『キネマ旬報 2018年11月上旬号』より転載)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: キネ旬の中の人) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき