ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

山田孝之「AVの帝王になります」 Netflixドラマ『全裸監督』で村西とおるの半生を演じる

Netflixは「AVの帝王」と呼ばれたAV監督・村西とおる氏の半生を描いたオリジナルドラマシリーズ『全裸監督』の制作を発表。本橋信宏氏によるノンフィクション『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)を原作に、主演の山田孝之さんが前科7犯、借金50億円、米国司法当局から懲役370年を求刑された伝説のオトコ、村西氏を演じます。

オタク、闇金業者、勇者など、これまでも様々なキャラクターを演じてきた山田さんは、「俳優として約20年生き、プロデューサーとして映像を作り、これまで何度も“山田さん、監督はなさらないんですか?”と聞かれてきた。僕の答えは毎回決まって“撮りたいと思うものがあったら撮りますよ”と答えてきた。そして、ようやくナイスな答えを見つけました。山田孝之AV監督になります。AVの帝王になります。質問は受け付けません。さようなら。ビューティフォー。アメイジング。アイムエンペラー」と、村西氏の決め台詞を交えながらユーモアたっぷりのコメントを寄せています。

総監督を務めるのは『百円の恋』『嘘八百』の武正晴監督。バブルに向かって日本中が熱狂に包まれた80年代。アダルトビデオ創世記を駆け抜けたオトコの軌跡を映し出します。

今年、ドキュメンタリー映画『M/村西とおる狂熱の日々』が制作され、何かと話題を集めている村西氏。『全裸監督』は2019年に全世界配信を予定しています。

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき