“背徳鍋”or“美ボディ鍋”……あなたはどっち派!? 2018年の注目“鍋料理”が都内で食べられる店舗をチェック

access_time create folderグルメ

肌寒さを感じる季節の到来と共に、近所のスーパーでは鍋料理の具材が棚の面積を拡大しつつあります。その年ごとに目まぐるしく移り変わる鍋のトレンドですが、今年は高カロリー鍋と低カロリー鍋の二極化に?

毎月外食のプロフェッショナルを集め、外食トレンドを発表するための“トレンド座談会”を開催する調査・研究機関『ホットペッパーグルメ外食総研』が、2018年の鍋トレンド予測を発表しました。都内で食べられる店舗とあわせて紹介します。

2018年の鍋トレンドは?

『ホットペッパーグルメ外食総研』上席研究員の有木真理氏によると、「昨今の“健康美ブーム”や“低カロリー・低糖質ブーム”などに伴い、野菜や良質なたんぱく質を大量に摂取できる」“美ボディ鍋”が人気を集める一方、その反動から「外食時くらいは健康やカロリーを気にせず、美味しいものを目いっぱい食べたいという心理で」高カロリーと共に背徳感を味わう“背徳鍋”にも注目が集まっているとのこと。

全国に住む20~59歳の男女1032人にアンケートを実施したところ、女性の64.4%が「美しい体作りに興味がある」と回答し、美しい体作りのために興味があることの1位は男女共に「食事」(70.5%)という結果に。その反面、「たまには高カロリー料理を思い切り食べたい」と思っている人が78.4%いることも分かりました。

“背徳鍋”が楽しめる都内店舗

“背徳感”は最高の調味料。健康やダイエットを考えると控えるべきだけど、どうしても食べたくなるような“背徳鍋”は、多くの炭水化物や脂、チーズ、フォアグラ、あん肝などの高カロリー具材がその代表例です。

kawara CAFE&DINING 新宿本店(東京都・新宿)の『イベリコ豚とカマンベールチーズの塩バターミルフィーユ鍋』は、コクのある塩バターベースのスープに、カマンベールチーズを豪快にイン。イベリコ豚と白菜のミルフィーユ、ごろごろと大きめにカットした野菜が周りを囲みます。とろとろになったチーズに具材をからめてフォンデュのように食べられるのが特徴。黒こしょうがアクセントになり、飽きのこない味わいです。

水道橋 鳥福(東京都・水道橋)の『“極厚”豚肩炙りチャーシューの旨塩とんこつ男前鍋』(11月1日~)は、極厚の豚肩ロースを4時間以上煮込んだチャーシューが300gも入った男前な一品。こってり濃厚なとんこつベースのスープは、シメのラーメンとも相性バツグンです。

そして“背徳鍋”の名にこの上なくふさわしいのが、HangOut HangOver 渋谷店(東京都・渋谷)の『牛ステーキのアボカドサルサチーズ鍋』。サルサベースのスープにチーズを加えたコクのあるメキシカン鍋に、厚切り牛ステーキとソーセージ、バターをトッピング。目の前で鍋をフランベして燃え上がる演出もあり、グループで盛り上がること必至です。

“美ボディ鍋”が楽しめる都内店舗

“美ボディ鍋”はカロリーが低いだけでなく、ほどよく筋肉のついた美しい体づくりをサポートする鍋のこと。ビタミン豊富なたっぷり野菜と、鶏肉や大豆、卵白などの良質なたんぱく質が同時に摂取できる鍋を指します。

Shangri-La‘s secret(東京都・六本木)の『宝茸黒湯』は、ヘルシー鍋の代表食材である栄養たっぷりのキノコしゃぶしゃぶ。独自の手法でじっくり煮だしたブラックスープで30種類の天然キノコを味わえます。

薬膳火鍋専門店 天香回味 日本橋本店(東京都・日本橋)の『天香回味鍋』は、赤い『天香鍋』と白い『回味鍋』のコンビネーション鍋。数十種類の漢方薬や天然植物と、辛みを持つ植物を煮込んで作る、色・香り・味の三拍子がそろった健康的な一品です。スープには胃腸を保護する成分が多く含まれているため、食後の胸焼けや胃もたれ、喉の渇きなどもないと言われています。

いよいよ鍋シーズン本番の到来! “背徳鍋”と“美ボディ鍋”……あなたはどっち派!?

access_time create folderグルメ
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧