ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大ヒット中の“プー僕”と一緒に観たい『ティガー・ムービー プーさんの贈りもの』プーマスターが語るその魅力とは?

公開33日間で観客動員160万人を達成、現在興行収入21億円を突破しているディズニー映画『プーと大人になった僕』。実は本作を観る前に観たほうがいい映画があると、日本一のプー専門家「舞浜横丁」の林田周也氏は力説する。その映画こそ隠れた名作として名高い『ティガー・ムービー プーさんの贈りもの』で、今回『プー僕』をもっと理解するためにティガー座談会を勝手に緊急企画! ところが企画こそよいものの、林田さんと同じレベルで語り尽すプーマスターが近所にいなさそうというものぐさ事情で、<『ティガー・ムービー』ひとり座談会>を無理くり実施した!

●日本ではいま『プーと大人になった僕』がロングランヒットをしていますが、なんでも『ティガー・ムービー プーさんの贈りもの』も隠れた名作とうかがいました。その力説の理由とはなんでしょうか?

林田A(以下、A):実は『ティガー・ムービー』だけオリジナル作品なんですよね。それ以外の『くまのプーさん/完全保存版』やピグレットが主体のほかの作品などいろいろ出てはいますが、それらはすべて原作のどこかのエピソードを元にしていて。

林田B(以下、B):2011年版もお話を5個くらいまとめていますよね。

A:『ティガー・ムービー』だけ、ディズニーの完全オリジナルストーリーなんですよ。

B:なのにすごい。

A:原作に依存していないのにすごくいい話で、なおかつ原作への愛がある。

●『プー僕』みたいなスタンスなのでしょうか?

A:いや『プー僕』と違って、誰も共感はしないんですよ。ティガーが親を探す話なので、ぬいぐるみの気持ちは誰もわからないじゃないですか。

B:でも、ちゃんとプーをなぞっている。プーの世界観なんです。これに対して、『プー僕』は言ってみれば別次元で、別の解釈のものと言っていいけれど、『ティガー・ムービー』は同じ原作をディズニーが映像化したほかの作品と同じライン上にいる話として、ちゃんとできています。

A:でもめっちゃ感動します!

●『ムーラン2』などとは違いそうですね。

A:そういう続編系の中でよく言われていることは、『ティガー・ムービー』と『グーフィー・ムービー』のそれが最高であるということですよね。みんなパート2が食傷気味になって、観なくなってしまうじゃないですか。

B:『ムーラン2』観た後に『ライオン・キング2』観ようとは思わないよね。

A:途中で止めちゃうもの。

B:でも『ティガー・ムービー』は普通にいい。時系列としては『くまのプーさん/完全保存版』がまずあって、1966年に作り始めて1977年に完成したという。1997年に『くまのプーさん クリストファー・ロビンを探せ!』で長編シリーズが復活する。その次が『ティガー・ムービー』です。

▲ティガームービー/プーさんの贈りもの スペシャル・エディション [Blu-ray]発売中

●ざっくりどういう話なんです?

A:<世界一のトラはオレ一人>ってあるじゃないですか。あれの反面で、世界一のトラはオレ一人ということにティガーが気づいてしまう。

B:ひとりしかいないって。

A:それでティガーが自分の家族を探すことがメインストーリーになるんです。

B:いるわけないんですよ。ぬいぐるみだから。

A:で、どうするの? という話です。

B:2時間かけてそれだけ。

●それだけ?

B:それだけ。2時間かけてティガーが家族を探す話です。

A:でも、すごく世界観を理解した作りなんです。

B:実はそのタイミングで、奇跡的にプーの大ブームも起こりました。2000年前後ですね。

A:グッズの売上がミッキーを超えたこともありましたよね。

●おふたりは、なぜにそこまでプーが好きなんですか?

A:きっかけはまったく覚えていないですね。その前からディズニー好きでしたけど。

B:最初はミッキーだったみたいです。幼稚園の年中くらいからプーに変わり、それ以降そのまま。

A:だんだん原作側にスライドしましたね。原作って、いくらでも掘れるんで、ハマッた感はありますね。

B:なんたかんだプーはディズニーのアニメーションでコンスタントに作っていて、たぶん一番多いんじゃないかな。

A:期間としては1966年から定期的に作り続けていて、ほぼずっと今年まで作っています。

●『プー僕』では、リチャード・シャーマンが活躍していて感動を禁じ得なかったですよね。

B:彼は一度ディズニーを去りますが、戻ってきて。『ティガー・ムービー』の曲も全部シャーマンが作りましたからね。

A:もう一度いま『プー僕』を思い返すと、あの最後はやばい。

B:プーも最初は短編だったので「ワンダフル・シング・アバウト・ティガー」も2番まであるのに1番しか使っていなかった。

A:それを『ティガー・ムービー』では、いきなり2番まで使う!

B:2番歌ったー! ってなるよね。始まってすぐに。

A:これぞシャーマン兄弟って感じですよね。

●『プー僕』と一緒に観るとよさそうですね!

B:そうですね。普通にプーの中では一番入りやすい側面も強いと思います。

A:『くまのプーさん/完全保存版』が一番わかりやすいですが、ストーリーとしてはメインなので。

B:でもオムニバスなので、話が途切れ途切れですからね。

A:その点、『ティガー・ムービー』は一本の長編として出来上がっていて、純粋に作品の質もいい。

B:たぶん、一番日本人好みのプーになっていると思うので、いまおすすめですね。

●ぜんぜん関係ないんですけど、あのアイスリンクにプーのぬいぐるみ投げる行為については、どう思っているんですか?

A:プーのファン層が広まれば、オタとしてはうれしいことでもありますね。

B:プーはネタ扱いされやすく、ネットでまともな会話が進まないことも多かったので、良いニュアンスで世間に広まるなら、それでよいかなって感じです。

今日はありがとうございました!

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。