ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

微風が吹いている映画 ― 川本三郎が語る『蝶の眠り』

(文=川本三郎/『キネマ旬報 2018年11月上旬号(10月20日発売)』より転載)

いつも微風が吹いているような清涼感

五十代はじめの作家がアルツハイマーになる。余命が限られる。

重い物語なのに重苦しくない。いつも微風が吹いているような清涼感がある。

中山美穂演じる主人公に、どこかもう世を降りたような静かな諦念があるからだろう。黒澤明監督「生きる」が語られる場面があるが、中山美穂もまた自分の生がもうじき尽きることを覚悟して、日常の暮しのひとつひとつを整理してゆく。

まず何よりも、最後となる小説を仕上げる。「生きる」の主人公が、生の証しとして最後に町の人のために小さな公園を作ったように、何か世のためと思い、大学で文学の授業を受持つ。若い世代に、自分なりの文学観を伝えようとする。

そこで韓国からの留学生(キム・ジェウク)と知り合い、親しくなる。小さな、世を隠れるような恋愛が生まれる。といって無論、長続きするはずはない。

日本の女性と韓国の青年が愛し合う物語になっている。監督は愛すべき映画「子猫をお願い」(01年)を作った女性、チョン・ジェウン。日韓合作であるが、この映画は「日本」や「韓国」をさほど強く意識させない。寓話のような透明感がある(留学生を演じるキム・ジェウクの日本語が抜群にうまいせいもある)。

生が限られた主人公のいわば末期の目で見られているため、風景も人間もあくや汚れが落ちている。東京の町ひとつとってもけばけばしい看板や電柱、ガードレールが見えない。余分なものが剃ぎ落とされている。

そしてこの映画の中心にあるのが主人公の家。実際の建築家の家を借りて撮影したというが、余計なもののない家で、コンクリートの壁が木造の屋根でおおわれている。家の前に家全体を守るように欅の木が立っている。

家は主人公の城であり、隠れ家でもある。イギリスの作家ヴァージニア・ウルフは「女が小説を書くためには、女が『自分だけの部屋』を持つようにならなければならない」と言ったが、この家全体が主人公の「自分だけの部屋」になっている。

そして、室内はなんときれいに整頓されていることだろう。ふつう作家の部屋は本や資料で乱雑になっているものだが、この家は隅々まで整理されている。本棚もきちんと本が並べられている。しかも、主人公は留学生の青年に頼んで色別に整理し直してくれと頼む。壁一杯の本棚が大きな絵画のように見えてくる。

彼女はそうやって生ある限り、周囲の世界をきれいに片づけてゆく。この映画が決して重苦しくなく清涼なのはそのためだろう。

「蝶の眠り」
●好評発売中
●映像特典/劇場予告篇、舞台挨拶、メイキング、キム・ジェウク インタビュー(Blu-rayのみ)

●Blu-ray5800円+税、DVD3800円+税
●2018年・日本=韓国・カラー・1080p hi-Def ビスタサイズ(BD)、16:9LB ビスタサイズ(DVD)・音声:1.日本語(ドルビーTrue HD 5.1ch) 2.バリアフリー日本語音声ガイド(ドルビーTrue HD 5.1ch)/字幕:1.バリアフリー日本語字幕(BD)、音声:1.日本語(ドルビーデジタル 5.1ch) 2.バリアフリー日本語音声ガイド(ドルビーデジタル 5.1ch)/字幕:1.バリアフリー日本語字幕・本篇112分+特典映像
●監督・脚本/チョン・ジェウン 撮影/岩永洋 照明/谷本幸治 録音/小川武 装飾/西渕浩祐
●出演/中山美穂、キム・ジェウク、石橋杏奈、勝村政信、菅田俊、眞島秀和、澁谷麻美、永瀬正敏
●発売・販売元/キングレコード

(c)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: キネ旬の中の人) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき