ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

自分でお願いした注文に加えて別のメニューを頼まれてどう思う? 「パートナー最高!」となる漫画に「かわいい」多数

レストランにカップルで入ってメニューを注文する時、自分でどこまで決めていいものか、悩んだことがあるという人は多いのではないでしょうか。

ブログでマンガエッセイを発表しているも~さん(@mori2ta)が、自分でお願いしたものに加えて別のものを注文してくれた恋人のき~さんを描いて『Twitter』にアップ。「可愛らしい」「すごく共感できる」という反応が集まっていました。

「AとBが食べたい」と聞いて、「AとB、あとCとDをください」と注文した相手を、「CとDを頼むなら一言欲しかった」「こういう男性は少し苦手」というツイートを見たも~さん。彼の場合はというと……。き~さんに「AとB食べたい!」と子どものごとく繰り返し、「アハハ!わかったわかった」と笑顔で店員さんを呼んでくれて、「AとB……、あとCとDをください」とオーダー。

「え~~~、AとBとCとD…!?」となるも~さん。「すごい…最高じゃん、わかってる、わかってるよこの人…絶対美味いやつじゃん」と大感激。「なんでそのチョイスがスッと出てくるの…?その感性が素晴らしすぎる。頼む結婚してくれ~~~」と心の声が漏れ、き~さんに「出てるよ出てるよ!!」とツッコまれます。

も~さんによると、「ツイートを見て、妄想・回想したのろけ話」といい、比較する意図は一切なかったとのこと。元ツイートは初対面だった上、シェア方式の食事、さらに店員を早く呼んでしまったことに「もう少し会話を楽しみたかった」という気持ちだったというケースなので、一概に比較することはできませんが、「モヤっとした気持ちを晴らしてくれた」という反応があったほか、「二人の相性が大事」「前向きな感性が素敵」という感想が多数寄せられていました。

「価値観は人それぞれであり、状況や相手によってその時感じることは大きく異なるものですね」というも~さん。どうせなら気の合う相手と美味しいテーブルを囲みたいものです。

AとBとCとDとマイエターナルラブリーパートナーとわたし(も~さんの隙あらば自分語り)
http://moosanblog.com/archives/12924419.html [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき