ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手塚治虫キャラ美少女化に「元絵が萌キャラ」「手塚先生が生きてたら自分でやってる」「本人ならもっと異様な性的嗜好を入れてくる」

2019年配信予定の新作スマートフォンゲームアプリ『絵師神の絆(えしがみのきずな)』が、手塚治虫作品キャラクターを美少女化したことで注目を集めている。

『絵師神の絆』の登場キャラクターは、人気イラストレーターが「鉄腕アトム」や「火の鳥」など、手塚治虫作品の有名キャラクターを美少女化。

現在明かされているキャラクターは、「アトム」、「火の鳥」、「ブラック・ジャック」。他にも、公開されたオープニングムービーには、「ユニコ」や「ヒョウタンツギ」らしき美少女たちが登場している。

参考記事:
「アトム」に「ブラック・ジャック」今度は手塚治虫キャラクターが美少女化! アプリ『絵師神の絆』OPムービー公開
https://getnews.jp/archives/2087176

今回の手塚治虫キャラ美少女化に、

・ウラン 「私の立場が…」

・手塚キャラの美少女化いろんなものをぶち壊しまくってて嫌だ

・手塚キャラのレジェンド級のパワーに現代のイラストレーターが戦いを挑むって言うチャレンジなのか??

・手塚キャラがそのままで既にハイレベルな萌えキャラなせいで美少女化したことによって萌え度が下がってるのスゴイ…

・手塚治虫のキャラは萌え美少女化するより元の絵の方がエロいと思う。

・手塚キャラの美少女化 どうせなら永井豪氏あたりにやって欲しかった気もする

と、さまざまな感想があがっている中で、

・ウルトラ怪獣やスーパーロボットが美少女キャラ化する巷、手塚キャラの美少女化でなにを嘆く必要があろう。(慣れた)

・ときわレジェンド漫画家美少女化も時間の問題だなこりゃw

・「戦艦を美少女化する」「怪獣を美少女化する」「実在していた小説家を全く別の容姿の二次元キャラにする」を経て、ついに「マンガのキャラクターをさらにキャラクター化する」まで行ってしまったことに眩暈のようなものを感じる

など、なんでも美少女化する文化に言及するする人も。

また、手塚先生は流行りもの好きで負けず嫌いなエピソードも多いため、

・手塚キャラ美少女化とか見たらそんなん御大が自らやりかねないよな…

・先生本人ならもっと異様なこだわりやニッチな性癖をぶちこんでくるんだろうな

・生きてたらゼッタイ御本人自ら鼻息荒く乗り込んできて「ぼくならもっとすごいのができる!」って全方位無差別に新しい性的嗜好をばらまき始めることだろう。見たかった。

・多分本人が一番悔しがって「俺だってできるもん」って歯を食いしばる奴なのでは。

・手塚キャラ美少女化はあの世の手塚先生に本人抜きで美少女大喜利やってるのを見せつけて嫉妬させ先生を蘇らせるのを目的とした黒魔術だよ、蘇った先生は描きかけだった漫画をガリガリやりつつ美少女化も「これくらい僕だって描けますよ」「僕のほうがかわいく描ける」とやり始める。

と、「生きていれば絶対本人が自分で美少女化するだろ」という意見が多くみられた。

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき