ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キワモノ系?! いやいや『チロルチョコ ゆず胡椒』が想定外に美味しかった

チロルチョコ、本当に色々な種類がありますよね。

ガジェット通信編集部のある秋葉原には、チロルチョコの店舗があるのでたまに立ち寄るのですが、行くたびに新作があるので楽しいです。(ちなみに本社も秋葉原なのです)

その店舗『Shop チロルチョコ』には、お買い得なアウトレット商品コーナーもあるのですが、時折、お店では見かけない奇抜な商品に出会えることがあるのでたまりません。

以前には『チロルのパン屋さん カレーパン』『ふんわりカレーパン』『柿の種チロル 激辛柿の種』『梅マシュマロ』『クロワッサン』といったアウトレット商品を見つけては、大量に編集部に持っていったのですが、個性の強いものほど賛否両論でした。

『ふんわりカレーパン』に至っては福岡工場でしか売っていないという超レアものなのですが、食べたときの味が想定外すぎて正直面食らいました。なぜか僕に怒り出す人とかも居たり。

ただこれ、本当にカレーパンの“ふわっとした食感”とカレーがなぜかチョコレートと融合しているという悪魔合体的な商品なのですが「これはこれでおもしろいじゃない」と感じる珍味だと筆者は思っています。

『チロルのパン屋さん カレーパン』の方は一般販売もされていますので体験した人は割合多いのではないでしょうか。クリスピーなカレーパンの食感が忠実に再現されつつカレールーの味がするチョコレートです。

カレーの味やカレーパンの食感だけでもこれだけの再現を行えるチロルチョコの職人魂、ただただ、頭が下がる思いです。

『チロルチョコ ゆず胡椒』味を買う

会社では「チロルチョコおじさん」としてなぜか警戒されている筆者なのですが、今回は『チロルチョコ ゆず胡椒』をショップで購入。みんなの反応を見る前にまずは試食をしてみましたところ……。

「これ、めっちゃ美味いんじゃない?!」

とまだ人の少ない午前中のオフィスで一人驚いておりました。

まあ、カレーパンの時の衝撃が大きかったというのはありますが、『ゆず胡椒』は風変わりでありつつもチョコレートのバリエーションとして、ひとつの完成形なのではないなか、というようなことを考えておりました。

上品なゆず胡椒の味がチョコレートの風味を引き立たせる

食すると、中にはサクサクとしたクラッカー状の部分と淡い緑のゆず胡椒パートが見てとれます。

ビター感あるチョコレートの風味は豊か。それに負けず、ゆずの香りが口を包んだあと、のどの奥にゆず胡椒特有の辛味がほんのり刺しこんでくるのを感じられました。

そしてパッケージを見ると『フンドーキン』の名前も。大分の老舗醤油・味噌メーカー『フンドーキン』はゆず胡椒の製造も手掛けています。過度なディフォルメの無い、自然でありながらアクセントのある上品なゆずの香りは柑橘類特有の爽やかさがあるためチョコレートとの相性が思いのほか良いのです。爽快感という意味ではミントチョコとちょっと似通った印象があります。

この『チロルチョコ ゆず胡椒』に関してはほんの少し辛味が感じられるので苦手な人には無理におススメできませんが、お菓子として面白い仕上がりになっているのではないでしょうか。
発売は8月だったそうなので店舗で見かけることは少なくなってきているかもしれませんが、見かけたら試してみる価値はありますよ!

★チロルチョコ株式会社★Shop チロルチョコ★
http://www.tirol-choco.com/shop.html

オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。