ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“あとで読む”の「Pocket」、読み上げ機能とレイアウト向上でさらに使いやすく

この記事あとでゆっくり読みたい。そんなシーンで活躍するアプリ「Pocket」。2007年のリリース以来、世界中で愛用されているが、このほど大幅にバージョンアップした。

記事を読み上げる機能では音声がより人間らしく自然なものになり、またスクリーンでのリーディングもしやすいレイアウトになった。

・より自然な読み上げ音声

アップデートバージョンはすでにモバイル(iOS、Android)で利用でき、ウェブでは現在ベータ版が展開されている。

クリップしておいた記事やブログなどをスキマ時間に読む、というのは多くの人がしていることだろう。しかし忙しい現代人、読む時間がなかなか確保できない、ということもある。

そんなときに便利なのが読み上げ機能だ。運転しながら、ジムでトレーニングしながら、バスタブにつかりながら、と端末を見なくてもコンテンツを耳で聴いて“読む”。

その際の音声がいかにもマシーンだと味気ない。その点をこのアップデートバージョンでは改良している。そしてワンタップするだけで読み上げが始まるボタンも加わった。

・夜読書用のモードも

また、端末を手にしてのリーディングも快適なものになるよう改良された。たとえば、フォントやテキストレイアウトが長時間のリーディングでも疲れないように工夫され、夜のリーディングにぴったりのダークモードも用意。全体的にインターフェースもすっきりとした感じになった。

Pocketを使った読む/聴くのリーディング、秋の夜長にどうだろう。

Pocket Blog

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy