ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 新世界の神・人間のクズ……過激すぎる藤原竜也の人生にまた新たな1ページが!  “全ての人間を操る”壮絶な1週間
  • ホアキン・フェニックスの豹変ぶりとエマ・ストーンのキュートさに注目! ウディ・アレン最新作『教授のおかしな妄想殺人』
  • スティーヴン・スピルバーグ率いるアンブリンがエイリアン侵略のスリラー映画『The Fall(原題)』を製作中
  • 『スター・ウォーズ』のプロデューサー陣、ハリソン・フォードの事故に関して起訴される
  • 5月16日は「旅の日」珍道中のち感動の『30年後の同窓会』ほか“おっさんロードームービー”を楽しもう
  • 新進気鋭の俳優トム・ホランド、マーベル・ユニバースにおけるスパイダーマンの独特な役割を語る
  • 【敬老の日だよ】映画『ヴィジット』より“3つの約束”を強制する祖父母画像解禁 なにこれ不気味……[ホラー通信]
  • 【今週公開のコワイ映画】2017/1/13号:未体験ゾーン2017『スケア・キャンペーン』『鮫の惑星』『シーボーグ』ほか
  • 「少し傷んだ感じを出しているよ。森にいたんだからね」今にも動き出しそうなぬいぐるみ達! 映画『プーと大人になった僕』メイキング映像
  • 『The Nice Guys(原題)』レビュー(4/5点)【ひろゆき】
  • 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、お馴染みのオープニング・クロールは不採用か
  • 今度のリーアムは“最強”じゃない! 地に足の着いた逃走劇が魅力な『ラン・オールナイト』[映画レビュー]
  • 稲川淳二ロングインタビュー 伝説『生き人形』までをも引き寄せた映画?!『劇場版 稲川怪談 かたりべ』が公開に
  • ニューライン・シネマ、映画『死霊館 エンフィールド事件』のスピンオフ映画『The Nun(原題)』を製作進行中
  • 「スティーヴ・ブシェミを日本に呼ぼうプロジェクト」活動開始報告
  • サム・メンデス監督、実写版映画『ピノキオ』を監督する交渉の初期段階

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マリオコスチュームでサーキットを走る“Mashroom Racing”がロサンゼルスでも2019年にサービスを開始するらしい

マリオやルイージのコスプレをしたままゴーカートに乗れるサービスが、オーストラリアでは「Mashroom Racing」、イギリスでは「Mashroom Rally」という名称で存在しています。さらに、Los Angeles Magazineが伝えるところによれば、この“Mashroom Racing”と“Mashroom Rally”を運営する会社が、来年このサービスをロサンゼルスで開始するとのこと。

Special Event: Mushroom Racing Go Karting Sunday 24th June 2018 (YouTube)
https://youtu.be/R_6Ej-g2Btg

“Mashroom Racing”が開催したスペシャルイベントの様子。

国内では、任天堂が“マリカー”を相手取った裁判で任天堂が勝訴したニュースが記憶に新しいですが、東京地方裁判所からは「マリオなどのキャラクターのコスチュームを貸与することを禁止する不正競争行為の差し止め」という判決が下されています。“Mashroom Racing”の動画や画像を見る限り、「マリオなどのキャラクターコスチュームが貸与」されているようなので、任天堂の訴訟対象となってもおかしくなさそうです。今後の任天堂の動きが気になります。

”Mashroom Racing”の『Instagram』 [リンク]
https://www.instagram.com/mushroomracingau/

※画像:『Instagram』より引用
https://www.instagram.com/p/BjoC8uCDLnV/?taken-by=mushroomracingau

※ソース:
https://www.lamag.com/culturefiles/this-is-not-a-drill-live-mario-kart-is-coming-to-l-a-next-year/

※10/15追記
記事掲載当初、Mashroon RacingとMashroom Rallyが国内事業者のマリカーと関連があるかのように誤解を招く表現がありました。該当する表現を修正させていただきます。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。