ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シラットVS宇宙人に爆死する管理人……『スカイライン』の奇抜なアイデアはどこから生まれたのか? リアム・オドネル監督インタビュー

▲『スカイライン-奪還-』リアム・オドネル監督

映画『スカイライン-征服-』は、謎の生命体による地球征服までの3日間を描いたSFパニック映画だ。2010年に公開された同作は、『アバター』『ジオストーム』などハリウッドのメジャーSF大作でVFXを担当してきた制作会社・ハイドラックスが生み出した野心作。人類が青い光に次々と吸引されていく強烈なオープニングに始まり、ビルに閉じ込められた人々による密室ドラマ、爆死する勇ましい管理人、そして衝撃のエンディングなどの奇抜なアイデアと、最新技術で生み出されたハイクオリティな映像で、世界中で熱狂的な支持を獲得。約20億円の低予算で製作されながら、全世界では約70億円の興行収入を得ている(Box office MOJO調べ)。

そんな前作から約7年を経て、続編『スカイライン-奪還-』が10月13日に公開される。コリン&グレッグ・ストラウス兄弟(『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』)からメガホンを受け継いだのは、前作で脚本を担当したリアム・オドネル監督。フランク・グリロ(『アベンジャーズ』シリーズ、『パージ』シリーズ)、イコ・ウワイス、ヤヤン・ルヒアン(『ザ・レイド』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)らをキャストに迎え、シリーズを「インドネシアの武術・シラットを駆使して宇宙人と戦う」SFバトルアクション映画へと変貌させたクリエイターだ。今回のインタビューでは、シリーズ特有の強烈なアイデアの源泉や、メジャー大作を手掛けつつインディペンデント映画を生み出すハイドラックスの環境、そしてストラウス兄弟との関係などについて、オドネル監督本人に語ってもらった。

すぐに人が死ぬ『スカイライン』シリーズの脚本づくり

▲『スカイライン-奪還-』(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

――オドネル監督は本作だけでなく、ストラウス兄弟の作品の多くで脚本を手掛けていらっしゃいますね。早くから脚本家を目指していらっしゃったのでしょうか?

そうです。小学2、3年生のころからでしょうか……物語を考えるのが好きで、学校から帰ったら、湾岸戦争のデザート・ストーム作戦をモチーフにした話を母に聞かせて、書いてもらったりしていました(笑)。ちょっと変わったアクションの話を書くことが多かったですね。その頃に好きだった作家は、当時大人気だった『ジュラシック・パーク』のマイケル・クライトンや、フィリップ・K・ディック(『ブレードランナー』『トータル・リコール』などの原作)です。

――そこからどうしてストラウス兄弟と映画を作ることになったのでしょう?

もともと映画を作りたいとは思っていたんですが、それを口に出す勇気がなかなか出なくて。大学在学中には、ワシントンDCでインターンとして政治に関わったりしていたんですが、たまたま叔父がTV番組の脚本を書く仕事をしていて、ある時現場を見学することになったんです。そこで、「こういう仕事もあるんだ」と気づいて、卒業したら(ハリウッドのある)ロサンゼルスに行ってみようと思いました。で、友人のマシュー・サントロ(※編註:ハイドラックスメンバーのひとり。『ファイナル・フェーズ 破壊』の監督)と一緒にLAに引っ越したんです。まあ、ノリですね。脚本家になれなくても、何かしらエンタメの仕事には就けるだろうと思っていたんですが、偶然グレッグとコリンのストラウス兄弟と出会うことが出来ました。

――素晴らしい行動力ですね。

グレッグとコリンは、CMやミュージックビデオのピッチ(編註:プレゼン用の簡単な企画概要)を書ける人を探していました。そこで、マシューがコンセプトアートを描いて、ぼくが脚本を書いて、色んなところに企画を応募したら採用されるようになったんです。ゲータレードやフレスカなんかのCMや、50セントやアッシャーのMVなどがどんどん決まったので、(引き続き)ストラウス兄弟と組んで仕事をするようになりました。ぼくらは大学を卒業したばかりだったんですけど、彼らのスタジオで働けたのは運がよかったですね。

――オドネル監督は、ハイドラックスの頭脳的な役割を果たしているのですか?

どうでしょう(笑)。グレッグとコリンも素晴らしいアイデアを出してくれますし、ほかのメンバーもそうですよ。わたしはどちらかと言うと、そのアイデアを言葉にして売り込むのが得意なんだと思います。

▲『スカイライン-奪還-』(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

――『スカイライン-奪還-』も、『スカイライン-征服-』も、アイデアあふれる脚本が素晴らしかったです。どちらも、重要そうなキャラクターが突然死んでしまいますよね。

『スカイライン』の(脚本)は、いわゆる三幕構成(設定、対立、解決)を守っていないので、批判を受けることもありました。でも、やっぱり他とは違うものにしたかったので、自分のやりたいようにやらせてもらいました。おっしゃる通り、一作目のキャラクターはほぼ全員死にますし、二作目でもたくさん死んでいきます。その一番の理由は、観客に「安全だ」と感じさせたくないから。死は常に隣り合わせだと思わせたいんです。妻は『スカイライン-奪還-』の脚本を読んで、ある重要なキャラクターが途中で死ぬことに、「観客が怒るんじゃない?」と言いました。でも、彼にはその後に人々を救う役割があるんです。『エイリアン』も『プレデター』も、素晴らしいキャストが出演していますが、最終的に残るのは一人か二人ですよね。そういう、サバイバルSFエイリアン映画を意識して作っています。まあ、(人が死ぬのは)個人的な好みということもあるんですが(笑)。

――『スカイライン-征服-』の日本公開時には、自爆する管理人(デヴィッド・ザヤス)が一部の観客の間で人気になりました。なぜああいうキャラクターを登場させたのでしょう?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy