ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

芸能人御用達!鳥取三朝温泉のお宿で業界人を魅了する豪華料理を食べてみた!

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行でっす!
今回はですねぇ、グルメ記事ですよ、奥さん!

以前東京でテレビ収録の仕事をしたあとに、お世話になっている木下ほうかさんと新宿で飲むことになりましてね。
そのときに居酒屋で紹介していただいた鳥取・三朝温泉の知久馬社長と意気投合! 相性がバッチリ合致しまして、今回その有名なお宿に遊びに行かせていただくことになりました。

こちらのお宿、三朝温泉一の老舗ということで、多くの有名芸能人の来訪があるのだとか。知久間社長が三朝の広報部長的役割として、芸能メディアとのパイプ役にもなっているのです。

はてさて、筆者の住んでいる京都から250キロ弱も離れた鳥取県の有名旅館の料理というのはどのようなものなのか?
正月には有名芸能人がおせち料理を大量発注するほど評判になっている料理をリポートしたいと思います!

京都からシルクロードのように遠い鳥取

10月4日の昼前に、京都南ICから鳥取へ向けて出発。Google Mapで確認すると、3時間30分ほどかかる模様。車は好きなんだけど、運転するのは近所のコンビニまでで十分な僕は超不安です。

とにかく名神から、中国道に乗って、岡山方面へむかってひた走ります。

初めは余裕でしたが、1ヵ所に止まっていられない落ち着きのない僕には、車中が段々と地獄に思えてきます。サービスエリアで3回も休憩して、屈伸運動しながら、黙々とひた走ります。

BGMのクレイジーケンバンドに励まされながら、やっとこ岡山県津山市に位置する院庄ICへ到着。(このとき、電車で来ればよかったとやや後悔

<写真:山田養蜂場発見!>

さらにここから鳥取のど真ん中にある三朝温泉へ1時間かけて向かいます。でも……下道、サイコー! 手の届くところにいろんなお店が見える安心感が違います!

おい、でっかい蜂がいる!

段々と近づいてきたのか? どうなんだ?

ついに待望の三朝温泉に到着!

おおぉ~、ついに見えてきた! 三朝温泉! 会いたかったぜ、ベイビー!

三朝温泉病院って名前が、何のひねりもなくて素敵。

橋がある。あの奥に見えている旅館が、『千と千尋の神隠し』でモデルになったともいわれる建物。確かにカオナシも写っている!

川のほとりには、無料の丸見え温泉がありますが、入浴されていたので撮影できず。

一流の民謡誌人・野口雨情の三朝小唄歌碑と 昭和4年に作られた映画『三朝小唄』のワンシーンを題材にしたモニュメントがあります。

社長が経営する『おとなの隠れ和宿 いわゆ』はここを入って、奥にありますよ! 
いかがわしい雰囲気の看板がよろしい!

小道を進むと……

看板が出てきましたよ~!

『旬彩の宿 いわゆ』さんです! こちらは三朝温泉で最古の宿。“大正ロマン”すら感じるお宿です。

先輩のお宿に初めて訪れる!

出迎えていただいたのは、経営者の知久馬社長です。会いたかった!

先日の飲み以来、敬愛の念を込めて“先輩”と呼ばせていただいている知久馬社長、先にも述べたように数々の三朝温泉の広報活動などを手掛け、全国ネットのテレビのみならず映画などにも出演されています。

さて、お宿の方は木造日本建築で、館内すべてが畳敷き。全9室で行き届いたサービスを堪能できます。ゆったりとした時間が流れる純和風づくりですね。

三朝温泉は世界一のラジウム温泉らしく、男湯、女湯ともに、源泉かけ流しの岩風呂があります。さらには女性専用の地下オンドル風呂を設けていますので、全体に女性のお客さんが多いようです。

奥のラウンジ風になった蔵には、有名人のサインがひしめいています。僕の敬愛する俳優さん、その奥さま、女優さん、タレントさん、ボクサー、芸人と様々な方がこの宿の常連なのです。

木下ほうかさんはもちろん、最近手塚治虫賞を獲った矢部太郎さんともかなり親しい知久馬先輩。

壁にはほうかさんから送られてきたドラマの販促品がたくさん飾られていました。

今晩はとある女優さんが必ず宿泊するお気に入りのお部屋を取っていただきました。

<写真:お世話になる仲居さんとパチリ>

しばし知久馬先輩と街を散策。積もり積もった話を久々にしてから、料理が用意されているお部屋へ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy