ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「東京ゲームショウ2018」注目のインディーゲーム6選

9月20日から23日にかけて開催された「東京ゲームショウ2018」。今年はインディーゲームコーナーが昨年度以上のスペースで開設され、多種多様な作品を遊ぶことができた。更に一般ブースでも様々なインディータイトルが出展され、昨今、特にNintendo Switchでのヒット作の続出から、国内での関心が高まっていることを実感させる光景が広がっていた。

昨年に引き続き、今年も東京ゲームショウで注目のインディータイトル6作品を紹介する。注目作をまとめて振り返る記事としてご覧いただければ幸いだ。

SKYTRACERS スカイトレーサー

tgs2018-indiegame-1

パルクールアクションゲーム『Cloudbuilt』を制作したスウェーデンのインディーゲームスタジオ「Coilworks」の新作。題名こそ別物だが、その実は『Cloudbuilt』の続編的な作品。今作も駆け上がり、ウォールジャンプ、射撃、そして背中に着けたロケットブースターによる高速ダッシュ、エアジャンプを駆使して、様々な障害を潜り抜け、ゴールを目指すパルクールアクションゲームになっている。

最大の特色はレース要素。『Cloudbuilt』は、各種アクションを駆使して難所を潜り抜けていくステージクリア型のアクションゲームだったが、今作は他のプレイヤーと競争しながらステージを駆けていくことになる。ゲームモードもそれ関連して拡充され、対戦型マルチプレイを追加。ルールもスタンダードなタイムアタック、フラッグ戦などが用意されているほか、ローカルのみならず、オンラインにも対応し、世界中のプレイヤーとスピーディなパルクールレースを楽しめるようだ。
tgs2018-indiegame-2

しかしながら、出展されていたのはTGS用に制作されたデモということで、対戦は遊べず。基本アクションと操作を知れる、チュートリアルをプレイできた。チュートリアルはチェックポイントを順に経由しつつ、各アクションを確認していくというもの。ゴールに辿り着くと、そこでデモが終了となった。プレイしてみたところ、操作系は『Cloudbuilt』と一緒。非常に素早く動くキャラクター、重量感がありつつも軽快なジャンプ、ブースト時の圧倒的なスピード感、入り組んだ構造のステージなどはそのままだった。ただ、チュートリアル中に別のキャラクターが先行して駆け抜けるなど、レース要素が加わったなりの違いを示す演出も。乗ると同時にロケットブーストのエネルギーを回復する仕掛けが多く設置されているのにも、微かながら方向性の違いを感じ取れた。このアクションとシステムで、どうレースゲームへと昇華させるのか、筆者自身、Play Station 4、Xbox One、PCで配信されているリメイク兼リマスター版『Super Cloudbuilt』のプレイ経験があるので、興味深い限りだ。

▲参考トレイラー:『Super Cloudbuilt』。操作感、アクションは今作とほとんど同じ。

配信日は未定で、供給プラットフォームはPC。試遊台において案内を務めていたCoilworksクリエイティブディレクターのAnders Davallius(Gafgar)氏曰く、家庭用ゲーム機へのリリースは現時点では未定だが、将来的には『Super Cloudbuilt』のように出したいとの展望を語られていた。日本語への対応は確定しているので、『Cloudbuilt』をプレイした経験者はもちろんのこと、スピーディな3Dアクションゲームをお求めの人は要チェックだ。

トランシルビィ

tgs2018-indiegame-3

『フェアルーン』シリーズ、『神巫女』で知られ、現在、スローライフRPG『ピコンティア』も制作中のインディーゲームスタジオ「スキップモア」の新作。フライハイワークスのブースに出展されていた作品で、サイボーグ少女「シルビィ」を操作して、滅びゆく惑星から生物のDNAデータ回収を目指す横スクロールの探索型アクションゲームだ。デモバージョンでは、制限時間10分の間にゲーム開始間もない舞台となるエリアの探索を楽しむことができた。

【東京ゲームショウ2018に出展します】
フライハイワークスさんのブースにて『トランシルビィ(Transiruby)』をプレイアブル出展いたします!9/20は僕も会場にいる予定です!よろしくお願いします!#インディーゲーム #TGS2018 #indiegame #indiedev #gamedev #NintendoSwitch pic.twitter.com/pJh08rbZd5

— ユウラボ@スキップモア (@skipmore) 2018年9月15日

流れとしては、惑星着陸時に失ったシルビィの能力を取り戻しつつ、「エネルギー」のアイテムを回収して探索範囲を広げていく形となる。探索型アクションゲームとしては王道且つ、『神巫女』っぽい要素も取り入れた作りだ。

特徴としては銃こと「エレメントガン」による敵のフリーズ(硬直)と仕掛けの起動。ソードによる近接攻撃のほか、同武器による遠距離攻撃がゲームが進むと加わり、行く手を阻む敵を固めて動けなくしたり、仕掛けを起動してジャンプだと届かない場所への道筋を切り開くことができるようになる。特に後者の要素がマップ上に多く配置されていて、いかに仕掛けを使いこなすかがキーとなる内容になることを予感させられた

tgs2018-indiegame-4
▲アーケードゲームチックなインストラクションカード

近接攻撃もボタン連打でコンボ攻撃に繋げられるほか、ジャンプ中にコントロースティック下(あるいはジャンプ中にYボタン四連打)で下突きを繰り出せるなど、なかなか多彩。道中には下側にいる見えない敵を下突きで対処する場面もあるなど、攻略に当たって重要なアクションに位置付けられるを感じさせられた。ただ、筆者はそれに気付かず、敵の群れにダイブしてしまったのだが。(下方向に敵がいる場合、警告表示を出してもいいような……と思ってしまった。)

デモは最初のボスが待ち受ける部屋に到達すると終了。肝心の戦闘は製品版までお預け、とのことだ。手触りは非常によく、やり甲斐のある探索型アクションゲームになることを期待させられる本作。2019年にNintendo Switchで配信予定。本年度も出展されていた『ピコンティア』共々、見逃せない一作だ。(なお、ピコンティアは2018年冬に配信予定!)

胡蝶の夢

tgs2018-indiegame-5

こちらもフライハイワークスのブースに出展されていた作品。中国に拠点を構えるインディーディベロッパー「DOTOYOU Games」制作による3Dアクションゲームだ。販売はCIRCLE Ent.が担当し、Nintendo Switchのほか、PC(Steam)、PlayStation 4向けにリリース予定。

謎解き要素豊富なアクションアドベンチャー的な内容を見た目から想像してしまうが、プレイしてみるとほぼその通りの作りであり、様々な仕掛けをあの手この手で動かし、道を切り開いていく。ただ、本編はステージクリア方式を採用しており、全部で7つのステージを攻略しながら進めていくようだ。また、本作ならではの要素がメイン武器の「剣」。普通の武器と見せかけて、実は特殊なエネルギー(光?)から生成して作り出す物理的な実体を持たない武器となっている。そのため、地面に突き刺したりすれば、そこから更に剣を生成することも可能。突き刺した剣も、チャージ攻撃を当てれば広範囲攻撃へと繋げられるなど、実体を持たない武器ならではの独特な戦術を駆使することもできる。剣以外にも弓矢もデフォルトで使うことができ、これを駆使して仕掛けを動かすなど、どこかの某有名アクションアドベンチャーゲームを彷彿とさせるシーンも確認することができた
tgs2018-indiegame-6

舞台となるフィールドには宝箱も多く隠されていて、その中には主人公の記憶の欠片が混じっていることも。これを獲得することで、物語に隠された秘密が明らかになるなど、ストーリー周りでも独特の表現・演出技法を採用しているようだ。

今回プレイできたNintendo Switch版は、ジャイロセンサーによる操作にも対応していて、弓矢で狙いを付けるのを直感的に行えるのもちょっとした見所。グラフィックも幻想的な世界観にマッチした作風で、エフェクト周りの美しさが光る仕上がりになっている。王道のアクションアドベンチャーを想起させつつも、剣を生成するシステムなどで、独特な戦闘と謎解きを楽しめそうな一作。配信予定日は2018年内。3Dアクション、アクションアドベンチャー好きなら見逃せない作品だ。

Black Future ’88

tgs2018-indiegame-7
1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy