ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「『TIGER&BUNNY』で楽しみ方がわかった」桂正和がキャラクターを描く中で変わったこと 劇場アニメ『薄墨桜 -GARO-』インタビュー

原作を雨宮 慶太氏が手がけ、特撮ドラマ、アニメーションと展開を続ける『牙狼〈GARO〉』シリーズ。その新作として、キャラクターデザイン:桂正和さん、脚本:小林靖子さんといった実力派クリエイター陣が放つ、劇場アニメ『薄墨桜 -GARO-』が10月6日より公開となりました。

今作では、『牙狼〈GARO〉』シリーズの中でも同じく和の世界観となるTVアニメ『牙狼 -紅蓮ノ月-』のキャラクターが登場し、平安の都を舞台とした哀しくも美しい復讐劇が描かれます。

今回は、『牙狼 -紅蓮ノ月-』から引き続きメインキャラクターデザインを担当した桂正和先生にインタビュー。桂先生は、今作で登場する陰陽師・明羅(アキラ)と、謎の男・時丸(トキマル)を新たに描き起こしています。

本作を含め、『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』、『あかねさす少女』など、2018年秋は桂先生のキャラデザ作品が盛りだくさん! 桂先生のキャラクターデザインにおける心境の変化などお話を伺ってきました。

桂正和が敵キャラクターを描く上での最近の傾向とは?

――まず、『牙狼〈GARO〉』シリーズに携わった経緯を教えてください。

桂:雨宮さんは専門学校の先輩で、僕も実写の『牙狼〈GARO〉』が好きで応援していました。アニメ版が始まると、そこになぜか僕が声優で呼ばれて(笑)。何の声優経験もないのに、その回は30分フルで出ている変な役をやったんですけど、そのときに、アニメの第2弾を考えていると聞いて、舞台設定は平安時代だと言うので面白そうだなと思い「ぜひ俺にやらせてくださいよ」と言ったのがきっかけです。

――その流れで今回の劇場版でも新キャラクターを描き起こしていますが、デザインする上で意識した部分を教えてください。

桂:明羅は陰陽師、時丸は盗賊みたいなキャラというのは決まっていました。キャラクターデザインの仕事って大体が、脚本がガッチリ決まる前にまずやらされる仕事なんですよ(笑)。だから、すごくふわっとしてるな、というところから始めなければならないのが毎回大変なんですけど、明羅に関しては名前も決まっていなくて。

桂:ラフを描いていく上で、同じく陰陽師として登場している星明とは逆にしようというイメージはありました。そして、脚本が出来てきてそれをふまえた上で、敵方だけど透明感のある白っぽいキレイな人にしようと思いました。静かな目をしていながらも、どこかに復讐心があるような点を意識しました。普通の平安時代の陰陽師服っぽくしようかなと描いていったところに、普通じゃつまらないから、と最終的な模様を付け足していった感じです。表情は、最初は少しタレ目で優しそうな顔に描いてみたんですけど、やっぱり定番のちょっと怪しげな目にした方がいいな、と目尻を上げてみたり調整していきました。

――時丸はいかがでしょうか?

桂:時丸も盗賊なので、少し汚らしい格好をしているんだろうと考えました。でも当時の盗賊がどういう格好をしていたかはきちんとわからないので、最初から長髪の白っぽい髪の毛にしたいなと考えてはいて。なぜかというと、歌舞伎の獅子のような感じにしたかったんです。平安牙狼に関しては、僕はすべてのキャラの顔つきをどこか歌舞伎っぽく見せたいなと意識しています。

桂:雷吼もアニメではそこまで出ていないですけど、僕の絵だと、眉毛の形や口元の感じが浮世絵や歌舞伎の化粧など、和らしさを出すために意識して描いています。

――新たなキャラクターという点で意識した部分はありますか?

桂:僕が先にキャラクターの絵を描くんですけど、会議の中でいろいろ設定も変わってくるし、話も変わってくる。そうするとコラボレーションが起こるんですよ。偶然にもブルーベースで2人を描いているんですけど、2人とも白い髪色で。

――敵だからとダークな色合いにするわけではなく、白くされたんですね。

桂:僕は最近そうしたい派なんです。

――敵をダークにしない傾向にあると。

桂:時と場合によりますけど、当たり前になりすぎてしまうので。別の作品の話になりますが、新しい敵の3人が出てきて、最初に描き起こした時は全員白い衣装だったんですよね。そうしたら、やっぱりセオリー通り黒くしてほしいとプロデューサーから言われて。仕方なく黒くしました。『牙狼 -紅蓮ノ月-』では星明を安倍晴明のイメージからできるだけ違う感じにしたかったのと、しかも魔界の人だったので、黒い平安の衣装ってあまり見たことないなと思い、黒くしたんです。なので、逆に明羅は白っぽくキレイにしたいなと思いました。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。