ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

起きた奇跡と起きなかった奇跡と。(古坂大魔王のブログンだい魔くん!)

今回はピコ太郎プロデューサー、古坂大魔王さんのブログ『古坂大魔王のブログンだい魔くん!』からご寄稿いただきました。

起きた奇跡と起きなかった奇跡と。(古坂大魔王のブログンだい魔くん!)

奇跡。
その確実な割合は知らないし、きっと定義がない言葉。
でも、人は多分にある考えられない確率に起こる物を通常「奇跡」と呼んでいる気がする。

2018年9月29日…僕はスペインの首都マドリードにいる。

JAPAN WEEKEND MADRIDとこちらの大人気番組「LATE MOTIV」にピコ太郎が呼んでもらえたのである。
僕はいつもの通りプロデューサーとして帯同していた。
無論、ここにそんな数年前では考えられない、1つのどでかい「奇跡」があるのは否定しようがない。しかし、今回はそこには触れずに書きたい事があるのです。

 
今年、4月…一人の可愛らしい三歳の女の子と出会いました。
名前は「あいり」ちゃん。

ある機関を通じて出会いました。
そこは重篤な病気と闘っている子供達等に、有名著名人らが協力して、治療の活力になるのを目指して、子供達の夢などを実行したりするなどの、とても素晴らしい機関。
基本、殆どの有名著名人はそのようにしたことを、公表しないことが多い。
僕もそうしようと思っていました。
マドリードに来るまでは…。
「起きた奇跡」と「起きなかった奇跡」を感じるまでは…。

あいりちゃんの話に戻します。
その、あいりちゃん。
とても嬉しいことにピコ太郎の大ファンだったらしいのです。
あいりちゃんの敵となっていた病気は…とても治療の難しい病気。
薬の副作用により、頭髪も全てなくなる強い薬を投与したり…入院と手術を繰り返していました。

ねえ、
三歳の女の子だよ。
ちっちゃいのよ。
ちっちゃくて可愛くて。
可愛くて可愛くて…。

大人とて、堪え難い辛い治療を必死に頑張っていたんです。

そんな女の子が…
毎日ピコ太郎のDVDやYouTubeを見て笑ってくれたり踊ってくれていたらしいのです。
嬉しい話じゃないですか。
そんな話を聞いて黙ってられるピコちゃんではなく。
何とか投薬時期や体調を考慮しつつ…やっと会える日が来ました。

4月13日。とあるホテルの一部屋を借りて、その機会を作ってもらえました。
控え室でスタンバイするピコ太郎。
隣の部屋からは歌ったり笑ったりする声が聞こえる…
時間が来たので…
その「強い」あいりちゃんが待っている部屋へと…ピコ太郎は向かいました。
部屋のドアを開け元気よく登場するピコ太郎。
そこに居たのは…

ちーーーっちゃなピコ太郎だった!

ピコ太郎に扮装してくれて待っていてくれたのです。
カツラまで被ってくれてサングラスまでしてたから…もう、本当のちっちゃいピコ太郎でしかない!
飛び跳ねて喜んでくれる、あいりちゃん。
とても低い「ハイタッチ」をしに来たり、抱きついて来てくれる。
あまりの喜びように、近くにいたお母さんが横で涙を堪えきれずにいたのが心に響きました。

すぐに歌おうとするピコ太郎。
マイクスタンドもカラオケも準備済みです。
PPAPを歌い始めたら横に来て…空を飛ぶように激しく楽しそうにピコダンスを踊り始めてくれる。

本当に飛んでいるように見えたよ、あいりちゃん。

すぐにNEO SUNGLASSを歌う。
「暗い暗い…明るーい!」をピコ太郎よりも大きい声で歌ってくれる。
最後の「トントン」の可愛い声たるや…ただの天使ですよ。
何度も何度も歌をせがんでくれる、あいりちゃん。ピコ太郎も汗だくで何度も歌う。
「次何歌おうか?」
「…えと、えと…
ロミータハシミコフ!」
部屋に爆笑が起こります。
ピコ太郎も歌いながら、あまりのひどい歌詞に反省しながらも歌う。
一緒になって飛び跳ねて笑って踊るあいりちゃん。

時折…被っていたピコ太郎カツラが脱げ落ちる。
ピッカピカにツルツルになった可愛らしい頭が見えて照れ笑いする。
三歳の女の子。三歳の。

何曲歌っただろうか。
少し休憩を取りながら、ピコ太郎の膝の上に座ったあいりちゃんとのお話タイム。
ここで、お母さんに頼まれた事がたった1つありました。「来週からまたキツイ投薬治療が始まるんです。もし良ければと言ってもらえると…有難いです。。」
これは必ず言おうとしていたピコ太郎。

「あいりちゃんね、来週から…また体の悪い奴退治するんだよね?大変な…」
と、あいりちゃんは、突然視線を外して顔を横にブルブル振り、悲しい顔をしました。
聞きたくないなぁ。聞きたくないんだよなぁ。
「…兎に角頑張ろう!また会いに来るから!動画も送るから!頑張っちゃお!」

あいりちゃんは…
少しずつ、
少しずつ、
…笑ってくれました。

そこから予定時間をオーバーしてしまうほどお話ししたり、また歌って踊ったり。でも、あまり無理をすると…身体に悪いからと、そろそろ。

んー…あれ?
あいりちゃん、ひょっとして…これ…
あれ?これ…治っちゃうかもよ!
馬鹿な僕は近くで、とても近くで見ててそう思い
始めました。
奇跡が起こるかも!
難しい病気…吹っ飛んじゃうかもよ!

僕やピコ太郎にそんな力などないのは分かってます。医学こそがそれであるのも。分かってます。
でも、僕は馬鹿なんです。
信じちゃうんです。

こんなに笑って、踊って、
最後はカツラを投げ捨てて、ツルツルの頭に汗かいて…はしゃいでくれる、ちぃーーっちゃな女の子…
病気なんかに負けるはずがない!
俺らオッサンならまだしも…
こんな産まれてまだ3年の…
生きる力に漲る女の子が…

勝てる!よし勝った!
まあ、ピコ太郎の力なんて微々たるものだけど…
ほんの少しでも…ほーーーんの少しでも、完治の方向への後押しになる!
思ったりしちゃうのです。

奇跡の完治だい!どうだ!って!

その後プレゼント交換をして…また会う約束をして…その日のパーティーを閉じました。ずーーっとバイバイしてくれてました。

そこから何度か、あいりちゃんの治療経過を聞いたり。たまにお手紙をもらったり…
また大変な手術をする前、ピコ太郎は…会いたかったけど…あいりちゃんもそう言ってくれてたみたいだけど……
会うのは体調的にも厳しいと言われ、動画を送る事しか出来ませんでした。
次調子よくなったら…Can you see?I’m sushiを一緒に歌おうと思ってました。

2018年9月27日

あいりちゃんは、天国に行きました。

「奇跡」は起きませんでした。

その「奇跡」は起きないのに…
天国へと飛び立った日は…
2年前、ピコ太郎が全世界に広がるきっかけとなった…
ジャスティン・ビーバーがリツイートしてくれた…その日でした。
きっとこの事で知ってくれたはずのあいりちゃんが…その日に。。

 
…そして今日…9月29日の事です。
場所は今ここ…スペインの首都マドリード。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy