ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたは16歳の時の自分にどういうアドバイスをしますか?

ある程度人生経験をしてきた30代以上の方であれば、「あの時こうしておけば良かった」とか「若い時にこういう決断をすべきだった」といったことが頭に浮かんだことはあると思います。ある程度年齢を重ねてから自分の過去を振り返ると、どうでもいいことで悩んでいた10代の頃の自分が蘇ってくる瞬間もあるのではないでしょうか。

誰もが多感な年頃だった「16歳の時の自分になんてアドバイスする?」というお題が、『Twitter』で話題になっています。

https://twitter.com/unakavanagh/status/1044542374146461696
口火を切ったのは、アイルランド人女性による「もしできるとすれば、あなたは16歳の時の自分になんてアドバイスする?」というツイート。この女性は続けざまに16歳の自分へのアドバイスとして、「失敗したからおしまいってわけじゃないわ。失敗は成功するためのレッスンよ。失敗しても大丈夫。失敗しても大丈夫って思えなくても時間が解決してくれるわ。痛みは伴うけどね。あなたは他人と違ってるし、変わってる人間よ。でも、それでいいの。自分を偽って自分らしさを失ってはダメよ」と連投ツイート。いきなり深イイですね。

https://twitter.com/Treestumped/status/1044549360510537729
学校や限られた地域という狭い世界しか知らない10代にとっては、「他人に嫌われても問題ない。あなたがクズってわけじゃないから」と言われても、なかなか理解しがたいものはあるかと思いますが。

https://twitter.com/patavalon54/status/1044679944696221697
「音楽を学んで、笑って、寝転がって木の間から見える雲を感心して眺めよう。両親に16歳の頃なにしてたか教えてもらおう。美術館に行ったり、祖父母と買い物にいこう。みんなに笑いかけよう。毎日お風呂に入ろう。ありがとうと言おう」というアドバイス。沁みる。

https://twitter.com/chipmonkeyMN/status/1044556243443044352
4人の息子を持つ女性は、「あまり生真面目になりすぎず、時にはルールを破ってもいいのよ。楽しんで。自分のことを縛り過ぎないで。広い世界が待ってるから」とアドバイス。

https://twitter.com/AverilLarke/status/1044551815973535744
若い頃に母親と仲違いしていたのか、「母親があなたにとってのベストを知っているわけではないの。あなたが思うベストで十分なの。あなたはそのままで常にあなたのベストバージョンなの。あなたは望まれてこの世に誕生してきて、愛されてるのよ」というアドバイスをする女性。


https://twitter.com/JackmanNeil/status/1044588199190941701
若い時に親や兄弟を失った人なのか、「時間は立ち止まってくれないし、周りの人間が永遠にそばにいてくれるわけじゃない。自分を愛してくれる人達がいることを当然だと思うな」というアドバイスも。

16歳という多感な年頃だった時の自分に、あなたならどういうアドバイスを贈りますか?

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/i/moments/1044824577837273091

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy