ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたは16歳の時の自分にどういうアドバイスをしますか?

ある程度人生経験をしてきた30代以上の方であれば、「あの時こうしておけば良かった」とか「若い時にこういう決断をすべきだった」といったことが頭に浮かんだことはあると思います。ある程度年齢を重ねてから自分の過去を振り返ると、どうでもいいことで悩んでいた10代の頃の自分が蘇ってくる瞬間もあるのではないでしょうか。

誰もが多感な年頃だった「16歳の時の自分になんてアドバイスする?」というお題が、『Twitter』で話題になっています。

https://twitter.com/unakavanagh/status/1044542374146461696
口火を切ったのは、アイルランド人女性による「もしできるとすれば、あなたは16歳の時の自分になんてアドバイスする?」というツイート。この女性は続けざまに16歳の自分へのアドバイスとして、「失敗したからおしまいってわけじゃないわ。失敗は成功するためのレッスンよ。失敗しても大丈夫。失敗しても大丈夫って思えなくても時間が解決してくれるわ。痛みは伴うけどね。あなたは他人と違ってるし、変わってる人間よ。でも、それでいいの。自分を偽って自分らしさを失ってはダメよ」と連投ツイート。いきなり深イイですね。

https://twitter.com/Treestumped/status/1044549360510537729
学校や限られた地域という狭い世界しか知らない10代にとっては、「他人に嫌われても問題ない。あなたがクズってわけじゃないから」と言われても、なかなか理解しがたいものはあるかと思いますが。

https://twitter.com/patavalon54/status/1044679944696221697
「音楽を学んで、笑って、寝転がって木の間から見える雲を感心して眺めよう。両親に16歳の頃なにしてたか教えてもらおう。美術館に行ったり、祖父母と買い物にいこう。みんなに笑いかけよう。毎日お風呂に入ろう。ありがとうと言おう」というアドバイス。沁みる。

https://twitter.com/chipmonkeyMN/status/1044556243443044352
4人の息子を持つ女性は、「あまり生真面目になりすぎず、時にはルールを破ってもいいのよ。楽しんで。自分のことを縛り過ぎないで。広い世界が待ってるから」とアドバイス。

https://twitter.com/AverilLarke/status/1044551815973535744
若い頃に母親と仲違いしていたのか、「母親があなたにとってのベストを知っているわけではないの。あなたが思うベストで十分なの。あなたはそのままで常にあなたのベストバージョンなの。あなたは望まれてこの世に誕生してきて、愛されてるのよ」というアドバイスをする女性。


https://twitter.com/JackmanNeil/status/1044588199190941701
若い時に親や兄弟を失った人なのか、「時間は立ち止まってくれないし、周りの人間が永遠にそばにいてくれるわけじゃない。自分を愛してくれる人達がいることを当然だと思うな」というアドバイスも。

16歳という多感な年頃だった時の自分に、あなたならどういうアドバイスを贈りますか?

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/i/moments/1044824577837273091

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。