ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アメリカ】アーカンソー州の小さな街でレトロなゲームセンターがブーム

アメリカ アーカンソー州で話題のレトロビジネス!?懐かしさで多くの人の心を捉えるゲームセンター
アメリカ南部に位置するアーカンソー州フェイエットビル。日本人にはあまりなじみのない州ですが、フェイエットビルの2010年からの人口増加率は15%を超え、アメリカで最も成長が早い都市のひとつでもあります。

そんなアーカンソー州の小さな街フェイエットビルでじわじわと話題になっているのは、昔懐かしのアーケードゲーム機で遊べるゲームセンターと、ピンボールマシンを楽しみながらお酒を飲めるピンボールバー。デジタル文化が進化した現代だからこそ新鮮な、昔懐かしいレトロな話題スポットについてご紹介します。

70~80年代のアーケードゲームコレクション!

アメリカ アーカンソー州で話題のレトロビジネス!?懐かしさで多くの人の心を捉えるゲームセンター
(c) Yoko Nixon

まず最初にご紹介するのは、Arkadia Retrocadeというゲームセンター。お店のオーナーのシア・マティスさんは、オークション、ネットショッピング、ebayなどから70年代、80年代に流行した計70台以上ものアーケードゲーム機を買い集め、誰でも遊べる懐かしのゲームセンターをオープンしました。その中には初期のパックマン、マリオブラザーズ、ドンキーコング、ストリートファイターなど、日本でももはやほとんど見ることができないゲーム機が所狭しと並んでいます。

アメリカ アーカンソー州で話題のレトロビジネス!?懐かしさで多くの人の心を捉えるゲームセンター
(c) Yoko Nixon

入場料の5ドルを払えば、出入り自由で一日中遊ぶことができます。また各ゲーム機はお金を入れなくても遊べる仕様に設定されており、ゲームオーバーになっても何度も続けて遊ぶことができます。

アメリカ アーカンソー州で話題のレトロビジネス!?懐かしさで多くの人の心を捉えるゲームセンター
(c) Yoko Nixon

マシンのイラストも時代を感じるものばかり。現代でも現役で稼働していることに驚きです。

またアーケードゲーム機以外にも、家庭用ゲーム機の初代ファミコンや、任天堂64など、懐かしのゲームも取り揃えてあり、家で楽しむ感覚でプレイすることができます。

アメリカ アーカンソー州で話題のレトロビジネス!?懐かしさで多くの人の心を捉えるゲームセンター
(c) Yoko Nixon

お店の中にはパーティスペースもあり、小さい子供の誕生日会や、大人同士の集まりにも人気だそうです。当時のゲームで遊んだ人にはには懐かしく、そうでない人には新しいゲーム体験を提供してくれるArkadia Retrocadeは、子供から大人まで楽しめる人気スポットです。

アナログな作りが新鮮なピンボールが魅力のバー

アメリカ アーカンソー州で話題のレトロビジネス!?懐かしさで多くの人の心を捉えるゲームセンター
次にご紹介するのはPinpointというピンボールバー。このお店のコンセプトは、お酒や軽食を片手に、懐かしのピンボールで心行くまで遊べるということ。ピンボールとは、ゴルフボールよりもひとまわり小さい銀のボールを、マシンの両脇にあるボタンでバーを操作しながら枠の外に落とさないようにハイスコアを競って遊ぶゲームです。

オーナーのボウ・カウンツさんは幼いころからピンボールマシンを手に入れることが夢で、6年前に初めてのピンボールマシンを購入。その後ピンボールマシンのコレクションを続け、ピンボールの魅力を多くの人に伝えるために、バーを併設したお店をこの夏開業しました。

アメリカ アーカンソー州で話題のレトロビジネス!?懐かしさで多くの人の心を捉えるゲームセンター
(c) Yoko Nixon

お店の奥までずらりと並ぶピンボールマシンは、暗い店内を華やかに彩ります。

アメリカではピンボール業界は2000年代に一度衰退しましたが、近年になってそのアナログな作りが若い世代の人には新鮮なものとして、また過去にピンボールを楽しんだ人には懐かしさを提供してくれるものとしてまた広がりを見せているそうです。お店には17台のピンボールマシンがあり、アメリカ国内でもこれほどのマシンを集めたピンボールバーは初めてだそうです。

アメリカ アーカンソー州で話題のレトロビジネス!?懐かしさで多くの人の心を捉えるゲームセンター
(c) Yoko Nixon

こちらはスターウォーズのピンボールマシン。映画でおなじみのキャラクターや世界観がよく作り込まれています。

こちらはお酒を提供するバーということもあり、21歳以上の人のみ入ることができますが、世代を超えた客層が一緒に楽しめる場所として話題になっています。筆者も本物のピンボールを体験したのは今回が初めてでしたが、マシンのギミックと精巧な作りに思わず熱中してしまいました。シンプルな操作ながらも高得点を出すにはマシンのトリックをしっかり理解する必要があり、手軽に楽しめますが奥が深いゲームでもあります。

どちらの場所にも共通するのは、ある層には昔懐かしく、またある層には目新しい体験を提供しているということです。幅広に年代層に愛されるアーカンソー州フェイエットビル発、レトロビジネスが話題のゲームセンターのご紹介でした。

参考
[usatoday.com]
[fayettevilleflyer.com]
[uatrav.com]

[Photos by shutterstock.com]
【アメリカ】アーカンソー州の小さな街でレトロなゲームセンターがブーム

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。