クラウドソーシングを活用した新たな配送サービスを米ウォルマートが試験的に導入

access_time create folderデジタル・IT
大手スーパーマーケットチェーンのウォルマート(Walmart)は、2018年9月、クラウドソーシングを活用し、ネットスーパーで受注した商品を利用者の自宅などに届ける新たな配送サービス「Spark Delivery(スパーク・デリバリー)」を試験的に導入した。

・ネットスーパーで受注した商品をクラウドソーシングで効率的に配送

ウォルマートでは、現在、生鮮食品やパン、日用品などをオンラインで注文できる「Walmart Grocery Delivery」を米国50都市で運営しており、2018年末までには、その対象エリアを100都市まで拡大しようと取り組んでいる。

この実現に向けて、配送拠点から届け先までのいわゆる“ラストマイル”の配送が課題となっており、その手段のひとつとして導入されたのが「Spark Delivery」だ。

「Spark Delivery」では、配送業務を効率化するべく、米シカゴのスタートアップ企業「Bringg」の物流管理プラットフォームを採用。

商品の配達は、クラウドソーシングにより、米カリフォルニア州のラストマイル専門配送マネジメント会社「Delivery Drivers, Inc」に登録されている個人ドライバーが担当する。

・ラストマイルの多様化をすすめるウォルマート

ウォルマートでは、すでに配達代行サービスの「Postmates」やフードデリバリーサービス「DoorDash」とも提携しているほか、2018年7月には自律走行車の送迎によりネットスーパーで注文した商品を店舗で受け取るサービスを試験導入するなど、ラストマイルの多様化に努めてきた。

「Spark Delivery」は、現在、テネシー州ナッシュビルとルイジアナ州ニューオーリンズのみを対象エリアとしているが、随時、他の都市にも広げていく方針だ。(文 松岡由希子)

Walmart

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧