まだ間に合う!首都圏・秋の味覚狩りスポット5選

access_time create folder生活・趣味

まだ間に合う!首都圏・秋の味覚狩りスポット5選
(c) ぶどう工房 OIKOS

今年は猛暑の影響で、果物など、実りの時期が前倒しになっています。そのなかで、まだ間に合う、しかも首都圏の味覚狩りスポットをみつけました。結構レアな品種のものもあります。どこも収穫され次第終了なのでお早めに!

いちじく/千葉・館山

まだ間に合う!首都圏・秋の味覚狩りスポット5選
(c)館山こがね農園

上の画像の緑のいちじく、熟れていないわけではありません。フランスの品種「バナーネ」です。この緑の皮が変色しやすいので、なかなか市場に出回らないそう。皮ごと食べられ、中はつるん、食感はねっとりとした濃厚な甘さ。一度食べると、いちじくの概念が変わったと言ってリピーターになるゲストが多いそうです。国産種もあるので食べ比べてください。ホームページには11月上旬までと出ていますが、今年は10月上旬で終わる可能性もある、ということなのでお問合せを。

館山こがね農園
料金:大人 900円(5個もぎとり+1個プレゼント)、小人 600円(3個もぎとり+1個プレゼント
予約が望ましい
営業時間:9:00 〜16:00(期間中無休)
所在地:〒294-0027 千葉県館山市西長田370
Tel: 090-4757-5563
http://kogane-farm.com/

シャインマスカット/埼玉・長瀞

まだ間に合う!首都圏・秋の味覚狩りスポット5選
(c) ぶどう工房 OIKOS

シャインマスカットは山梨でも関東でも9月中に収穫が終わるところがほとんどのなか、こちらは10月に収穫できる珍しいスポット。研究熱心な若い世代の農業団体が、シャインマスカットを中心に、黄玉、ブラックオリンピア、オリエンタルスターといった品種をつくっています。今年のブドウは、粒の張りが素晴らしいそうですよ。

ぶどう工房 OIKOS
料金:30分の食べ放題 小学生以上¥2,200、小学生未満¥1,200
営業時間:10:00~12:00、13:00~16:00(10月前半の土日祝 ※延長の可能性あり)
要予約
https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000193882/activity_plan/?screenId=OUW3701&dateUndecided=1&influxKbn=1
TEL:090-3564-2311
〒369-1312 埼玉県秩父郡長瀞町井戸600番地
https://www.facebook.com/ぶどう工房-OIKOS-129223797654347/

キウイフルーツ/東京・青梅

まだ間に合う!首都圏・秋の味覚狩りスポット5選
(c)ベリーコテージ

上の画像をみて、これがキウイ?と思いましたか。こちらは、ベビーキウイ(猿梨)という、長さ3センチほどのもの。中はしっかりキウイなのですが、表面の毛がないので皮ごと食べられるというものです。こちらでは、他にセンセーションアップル、紅芯という品種がいずれも、減農薬・無化学肥料で大切に育てられています。10月20日から土日のみ開催。10月1日に予約開始です。

ベリーコテージ
料金:1㎏600円
営業時間 :10:00~17:00 (10月20日から土日のみ、キウイの実がなくなるまで開催)
要予約
電話:0428-31-3810所在地:東京都青梅市新町2-11-5
http://www.berry-cottage.com/

access_time create folder生活・趣味
local_offer
TABIZINE

TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにし、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。覗き込めば、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ旅へ向かわずにはいられなくなるような、そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。人生は一瞬一瞬が心の旅。皆さんが何にもとらわれることなく、自由で冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

ウェブサイト: http://tabizine.jp

TwitterID: tabizine_jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧