ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

労働基準法では長い連勤も違法じゃない!? 17連勤のち病院のベッドツイートに「洒落になってない」の声

renkin_01

労働基準法第三十五条では、休日について以下のように定められています。

使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。

○2 前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

ただ、これにはカラクリがあります。例えば日曜日が休みだとすると、次の休日が翌週の土曜日になった場合は12連勤しても違法ではない扱いになります。さらに、雇用契約に変則休日制を規定している会社ならば、28日のうち4日休日があればいいので、最大24連勤までが違法にならないことになっているのです。

ただ、労働契約法第五条に「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」とあるので、過度な連勤は安全配慮義務違反となる可能性があります。もちろん、体調を崩したり過労死に至った場合は会社に責任が問われることになります。

ある『Twitter』ユーザーが17連勤の後に有給を取ったとして、病院の天井と見られる画像をツイート。心配する反応が多数寄せられていました。

17連勤終わって有給取ったのん。
久しぶりのふかふかのベッド気持ちいんな〜。

「ブラック」「辛すぎる」「洒落になってない」といった声が上がっていたほか、「自分もこうなっていたかも」という人や同じ境遇の人も。

4年ほど前に俺も見たことがある天井です。
静かで快適だったので15時間くらいぶっ通しで寝ました。
「有給」とかいうものと「労災」とかいうものを会社がくれたので2週間ほど休めてラッキーでした。

さらに、労災でなく有給という点が引っかかる人や、「会社をやめたほうがいい」といったツイートも寄せられていました。会社や制度が自分の身体を守ってくれないケースも多々あるので、適度に休暇を自身で申請して体調管理を心がけることが必要なのではないでしょうか。

※画像は『足成』より
http://www.ashinari.com/2008/09/30-008906.php [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。