ハリケーン“フローレンス”の猛威を中継するレポーターに「早く逃げろ!」の声多数

access_time create folder政治・経済・社会

米南東部を直撃したハリケーン“フローレンス”の猛威を伝えるため、レポーターが現場から中継する映像を米テレビ局NBC系列のMSNBCが『Twitter』で公開しています。

https://twitter.com/MSNBC/status/1040400268582641664
レポーターのGadi Schwartz氏が、体を張ってノースカロライナ州ビューフォートから中継する映像を見た人達からは、同氏を心配する声が噴出しています。

https://twitter.com/landrgates/status/1040401751969476608
「MSNBCもいい加減にしろよ。レポーターを避難させる時だ。彼の中継が数時間なくても皆生きてられるんだから」

https://twitter.com/hayes1942/status/1040330336461176832
「MSNBCは正気? レポーターが吹き飛ばされそうになっている映像を見せ続ける必要ある? こうしたセンセーショナリズムはノースカロライナ州の人々の品位を落とすものよ。もうやめて。彼がすぐ後ろの海に飲み込まれるのは見たくないわ」

https://twitter.com/mscheryl58/status/1040406455948435456
「MSNBCは、この(レポーターのいる)地域が強制避難地域だって知らないの?」

35才の同氏を母親目線で見てしまう年配女性達からは、「はやく逃げなさい」、「あなたの母親じゃないけど、逃げるか何かに捕まるかしなさい、今すぐ!」、「(テレビ局も)もう十分でしょう。早く解放してあげて」といった悲痛な声も聞かれました。

いくら仕事とはいえ、「そこまで体張らなくても」と思った人が圧倒的多数のようです。同氏は無事でしたが、改めて“伝える”ということと“人の命”について考えさせられてしまいます。

ちなみに、米南東部を直撃したハリケーン“フローレンス”はこれまでに30人以上の死者を出しています。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/MSNBC/status/1040400268582641664

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧