ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

155台限定生産のアストン・マーティン初のEV「Rapide E」は航続距離320キロ超

英国の高級車メーカー、アストン・マーティンは、同社初の電気自動車(EV)となる「Rapide E」のスペックを発表した。

800Vのバッテリーシステムを搭載し、ツイン電気モーターが最大950Nmを生み出すというかなりのパワフルさ。航続距離は320キロ超で、急速充電にも対応する。

・4秒で時速96キロに

Rapide Eは5ドアのハッチバックセダン。計画は公表されていたが、詳細が明らかになるのは今回が初めてだ。言わずと知れた高級ブランドが手がける初のEVであることから、そのスペックに注目が集まっていた。

発表によると、バッテリーシステムの容量は65kWh。トップスピードは時速約250キロ。わずか4秒で時速96キロに到達するという。時速80キロから112キロへの加速にはわずか1.5秒しかかからない。

レーシングカーのようだが、それもそのはず、開発にはF1のウィリアムズ・エンジニアリングが参画する。

・800V急速充電対応

航続距離は320キロと、最近のEVとしてはさほど長くはないものの、急速充電に対応するのがポイントだ。400V/50kWのチャージャーを使うと1時間で295キロ分の充電となるが、800Vではこの数字は500キロ近くに伸びる。

生産は間もなく英国ウェールズの工場で開始し、世界155台限定となる。初回の納車は2019年第4四半期を見込んでいる。

Aston Martin

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy