ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「引っ越しの時に便利」「学校行事に使える」 印刷前の新聞紙が『Amazon』で発売されていて話題に

newspaper_01

台風・地震と日本列島が災害に見舞われる中、携帯トイレや防寒用、スリッパなどに新聞紙を活用するライフハックが注目されています。しかし、日本新聞協会の調査によると2017年の新聞発行部数は4212万8189部と、一世帯あたり0.75部となっていて、10年間で900万部以上落ち込んでおり、新聞紙のストックがない家庭が多い現状が見て取れます。

そんな中、『Amazon.co.jp』で印刷していない新聞紙が発売されていることが話題になっています。


発売されているのは、一般的な新聞用紙2ページ折り(0.06mm)と、コピー用紙などと同じ厚さ(0.08mm)で、10kg単位。カスタマーレビューによると、54.4×81.0cmの無地紙530枚が梱包されているとのこと。読売・朝日・毎日の各新聞の朝刊のみの購読料は月3093円で、1部32ページ換算だと約500枚となり、1980円(0.06mm)・2480円(0.08mm)とこちらの方がコスパが良い計算になります。

「学校行事に使える」「引っ越しの時にも役立ちそう」「靴が濡れたときに欲しい」という反応が続々と寄せられていた一方で、「窓拭きには印刷済の方がいい」といった意見も。『Amazon』では別会社から新古の新聞紙も発売されています。

「高い……」と感じる人も多かった模様ですが、「新聞屋で無料でもらえる」といった情報も。


梱包用の新聞紙は新聞屋でタダで貰えますよ。
(発行から一定期間が経ったものですが)

うちのお客さんも、毎月数千部をタダで調達してますし、新聞屋も捨てるのに費用かかるので助かるみたいです。(配達までしてくれる有様)

「新聞の存在価値を満たす」という声もあった無地新聞紙。購読していないという人は覚えておくとよさそうです。

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy