ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

取材内容を「池上の方針で池上の意見として紹介したい」 池上彰さんの番組の取材姿勢にジャーナリストや教授が苦言

ikegami

9月7日、フジテレビにて「池上彰スペシャル 池上彰×子供×ニュース 痛快ギモンに大人も納得SP」が放送された。スタジオには小中学生70人が集められ、池上彰さんにさまざまな質問をしていくというもの。。

関連記事:池上彰さんが解説「なぜ大人になったら働かなきゃいけないの?」 – FNN.jpプライムオンライン
https://www.fnn.jp/posts/00355150HDK[リンク]

この番組に出演し池上さんに鋭い質問を浴びせていた子供たちの中には、劇団やプロダクションに所属している子が多数いたということで、現在ネット上では「プロ子供」なる言葉で揶揄され炎上状態となっている模様である。

9月9日、評論家の八幡和郎さんはその「プロ子供」について扱ったまとめサイトにリンクを貼り、

池上彰の番組から取材があってさんざん時間を取らされたあと、「池上の番組の方針で、番組では八幡さんの意見ではなく池上の意見として紹介しますがご了解いただけるでしょうか」といわれたので、断固、「私が言ったことをいっさい使ったりよく似たことを池上に言わせないように」といって電話を切ったことがある。こんなのがジャーナリストのような顔してるのがおかしい。

と『Facebook』で言及した。
ジャーナリストの有本香さん(@arimoto_kaori)は、八幡さんの発言を紹介したサイトのツイートを引用し


これは私も経験ある。何年も前だけど。今もそうなのね。ご自身でロケに行かれたネタ以外は、池上さんの番組はどの局でもだいたい同じ作り方じゃないかしら

とツイートを行う。他のユーザーから

失礼な話だ!
池上様にネタを献上しろと言う事ですな。

という返信が寄せられ、有本さんはそれに対し


そうなんでしょうね。ただ、私は大きな驚きはありませんでしたが。あの方のことは「こどもニュースのお父さん」=スタッフが方々から集めた話をとても分かりやすく上手に話す方、と認識していましたから。

と返信を行っていた。
高橋洋一・嘉悦大学教授(@YoichiTakahashi)も、有本さんと同じツイートを引用し


オレも似た経験あるぞ

とツイートするに至る。

そして、先の八幡さんの『Facebook』の投稿には、「同じようなことがあった、ジャーナリストなんて言ってますが、記事泥棒ですね」という主旨のコメントがついていたようだ。


大きな選挙の際に放送されるテレ東の特別番組では、政治家に鋭い質問を浴びせるなどの「黒池上」っぷりがネット上で人気を呼んでいる池上彰さん。今後の動向に注目である。

※画像は『フジテレビ』のサイトより引用

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy