ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 人生のホラー映画ベスト4 【『ホーンテッド・サイト』監督 ダーレン・リン・バウズマン編】
  • ナチス第三の男ラインハルト・ハイドリヒ暗殺作戦に命をかけた若き男達の戦い――戦争サスペンス『ハイドリヒを撃て!』
  • チャニング・テイタム主演の映画『Gambit(原題)』、映画『X-Men』シリーズのプロデューサーが延期について説明
  • 楳図かずお初監督ホラー映画『マザー』主題歌にしょこたん! 「躯が朽ち果てた後も 心は愛し続けてる」
  • あなたのお家にも“ブラームス”がやってくる! 衝撃のジャンルスイッチ人形ホラー『ザ・ボーイ 人形少年の館』がDVD&ブルーレイでリリース
  • 「キンプリはいいぞ」からの快挙! 興行収入2.5億円突破! 映画『KING OF PRISM by PrettyRhythm』サンキュー舞台挨拶レポート
  • 映画レビュー:ひとつの憎しみが何を生み出し何を破壊するのか? 実在の暴動事件を描く『デトロイト』
  • 映画化してごめんなさい!?『翔んで埼玉』特報映像&謝罪ビジュアル解禁!
  • 映画『レプリカズ』の公開を記念してキアヌ・リーヴスお気にの店を“ぼっちフィギュア”と聖地巡礼してみた
  • ルーク・ヘムズワース、『トワイライト・ゾーン』に影響を受けたSF映画『Encounter(原題)』に出演へ
  • 緊張しすぎて頭痛を起こす!? 映画『プーと大人になった僕』が仕事人にはツラいと話題
  • 映画クロスレビュー:『トイ・ストーリー4』「“おもちゃの存在意義”を新たに問い直した」「大胆なエンディング」
  • 『ジャングル・ブック』ジョン・ファヴロー監督の仕事論 チャレンジし続ける理由とその原動力とは
  • 映画『アナザー Another』前夜祭番組も!『角川ニコニコ夏祭り』で新感覚読書体験
  • 味が増える? スープが赤く染まる? ホラー映画『ウィンチェスターハウス』衝撃のコラボ“ホラーメン”実食レポ[ホラー通信]
  • 映画『デッドプール』続編、ドミノが登場するファースト・ルックをライアン・レイノルズが公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

ロボットケージは“非人間的”!?アマゾンが出願した特許をめぐって論争が勃発

アマゾンが、2年前に取得した特許をめぐって、ちょっとした論争が巻き起こっている。

・労働者を孤立させるシステムと非難

今回火種となっているのは、2016年に同社が出願した、人間を輸送するロボット式トロリーの特許。同時提出された添付イラストには、ケージでぐるりと囲ったロボットトロリーが描かれている。ケージ内部には、人間が操作するための小さな作業スペースもある。おそらく、倉庫での作業を想定したものだろう。

これを見たある研究者が、システムを非難する論文を発表。「機械の中で人間を孤立させ、労働者を疎外して働かせているような図式」と、抗議した。もちろん、アマゾン側も黙ってはいない。「同社の高度自動化された物流拠点だからこそ、必要な技術であり、修理や物品の拾得をより効率よく行うための仕組みだ」と、主張。さらに、現在このシステムは、どこの物流センターにも実装されていないと、述べた。

・機体の採用予定はなし

アマゾンの広報担当者であるリンゼイ・キャンベル氏は、「他の企業と同様、弊社でも多くの先見的な特許出願を行っている。これは、あくまでも特許の1つに過ぎず、このケージ型デバイスを、採用しているわけではない」とコメント。さらに、「従業員を物のように扱うシステムを取り入れた覚えはないし、このような推測は、大きな勘違いだ」と、一刀両断した。

倉庫やロジスティクス業務を監督する上級副社長デイブ・クラーク氏も、記事を公開したシアトルタイムズのTwitterで、「この機械を使用する予定はない」と、ツィートしている。

この論争、はたしてどこに落ち着くのか。続報があれば、またお知らせしたいと思う。

souce by seattletimes.com

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき