鳩山由紀夫元首相が北海道地震停電を「不思議」とツイート 「地元なのに他人事」「インフラ整備削ったのはあなた」と批判集中

access_time create folder政治・経済・社会
hatoyama_tw_01

四国・関西への台風21号が被害に続き、北海道胆振東部地震が発生して大規模停電が発生して生活に大きな影響を受けましたが、鳩山由紀夫元首相が『Twitter』で「停電する事態に不思議さを感じます」「不要な軍事費は削り、日本の国土のメンテに当てる」とツイートして批判が集中しています。

この度の北海道厚真町を中心とする震度7の大地震で亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災されました方々に心からお見舞い申し上げます。厚真火発が停まると290世帯が停電する事態に不思議さを感じますが、水道などライフラインの一刻も早い復旧で、道民生活が安定することを願います。

台風による関空の閉鎖、地震による千歳空港の閉鎖。相次ぐ甚大な被害は想定外では済まされません。地球環境の悪化により自然災害はさらに深刻になります。補修すべき道路、橋、建物は山ほどあります。不要な軍事費は削り、日本の国土のメンテに当てるなど、概算要求を大きく見直すべきでしょう。

鳩山元首相は衆議院議員時代は北海道第9区が選挙区。今回の地震で土砂崩れによる死者が出て被害の大きい厚真町も含まれています。それだけに「地元なのに他人事」といった声が多数あったほか、「停電は原発を止めていたから」といった意見も多く寄せられていました。

小説家の百田尚樹氏は、鳩山氏のツイートを引用して次のように批判。

「厚真火発が停まると290万世帯が停電する事態に不思議さを感じる」って、あんた何言ってるの?
泊原発が停止している中、一ヶ所の火力発電に頼っていて、そこがやられたら、多くの世帯が停電するのは、不思議でも何でもない!
不思議なのは、あんたの頭だよ。

また、「インフラ整備の予算を削ったのは民主党政権」「軍事費ではなくて防衛費」「防衛予算が減ると災害派遣できなくなる」という指摘も寄せられていました。特に首相時代に「コンクリートから人へ」といった政策を掲げて公共事業の見直しを進めていただけに、矛盾を感じている人が多かったようです。

access_time create folder政治・経済・社会

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧