手塚治虫の傑作がアニメ化!1月放送『どろろ』MAPPA制作PV公開!古橋一浩×小林靖子 主演は鈴木拡樹

access_time create folderエンタメ

マンガの神様・手塚治虫が描いた未完の傑作がアニメ&舞台化決定! TVアニメ『どろろ』は2019年1月より放送予定。キャスト、スタッフ情報とともにPVが公開されました。

今作のキャッチコピーは「鬼か、人か」。物語の核となる主役の2名には、「百鬼丸」役にTVアニメ声優初挑戦となる舞台を中心に活躍中の鈴木拡樹さん、「どろろ」役に新世代の女優として注目を集める鈴木梨央さんを起用。PVでその声も聞くことが出来ます!

さらに舞台化も決定! 鈴木拡樹さんは、来年3月に上演される舞台『どろろ』の主演も同時に務めることが決定しています。

アニメ制作スタッフは、『機動戦士ガンダム UC』や『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』などで監督を務めた古橋一浩さんをはじめ、シリーズ構成は『進撃の巨人』や『ジョジョの奇妙な冒険』を担当された小林靖子さん、キャラクター原案は『テガミバチ』や『アイル』の作者である浅田弘幸さん、キャラクターデザインは『いぬやしき』や『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』で作画監督をされた岩瀧智さんという、豪華な顔ぶれ!

さらに、アニメーション制作は、MAPPAと手塚プロダクションが手がけます。これは映像にも期待できそう……!

<あらすじ>
時は戦国。
醍醐の国の主である景光は、ある寺のお堂で 12 体の鬼神像に領土の繁栄を願い出た。
それと引き換えに生まれた景光の世継ぎは身体のあちこちが欠けており、
忌み子としてそのまま川に流され、捨てられてしまう。
時は流れ、鬼神は景光との約定を果たし、国には平安が訪れた。
そんなある日〝どろろ〟という幼い盗賊は、ある男に出会う。
それは、鬼か人かーー
両腕に刀を仕込む全身作り物の男〝百鬼丸〟は、その見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた。


TVアニメ「どろろ」第1弾アニメPV
https://youtu.be/Fuph-DDesSA[YouTube]

相対する鬼神との圧倒的なアクションシーンは必見!

百鬼丸(CV.鈴木拡樹)
生まれる際に12体の鬼神に奪われた身体を取り戻すために旅をしている。
目が見えない代わりに他者の存在を炎のような光として認識し、義手に仕込んだ刀を振るって闘う。

<鈴木拡樹さんからのメッセージ>
手塚治虫先生の名作に関わる事が出来てとても光栄に思います。
百鬼丸を演じるにあたり、【どろろ】との関係構築、バディー感を大切に演じたいと考えています。
また舞台でも同じ役を演じさせて頂けることはとても貴重な機会だと思います。
自身にとってTVアニメの声優は初挑戦になりますが、チームスタッフの皆様のお力もお借りして視聴者の皆様に最高の作品をお届けします。

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧