今度はVR橋本環奈がイケメン男子先輩で“あごクイ”して『ぷっちょ』を「あ~ん」してくれるぞ! 最高の「技術の無駄遣い」が再来だ!全力であーーーんしろ!

access_time create folder生活・趣味
a-n2_title

読者の皆さんは覚えているだろうか。VR空間で橋本環奈さんが『ぷっちょ』を「あ~ん」してくれる、『ぷっちょあーん4Dゴーグル』の事を。

VR橋本環奈が『ぷっちょ』を「あ~ん」してくれるマシンがヤバい 圧倒的幸福感が味わえる悪魔的遊戯!
https://getnews.jp/archives/2021766/ [リンク]

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-08-31-22-16-21

この機械を頭に装着すると、VRで環奈さんが実際にぷっちょを僕の口に運んでくれるのだ。書いてて意味が分からないが、本当にそうなのだ。

当時Twitterではこのように絶賛のコメントが並んだ。無理もないと思う。

・やばい(褒め言葉)
・人をダメにするマシンww
・感動さえするw
・テクノロジーは、人類を幸せにする。
・いかん!それ以上は戻ってこれなくなるぞ!
・応募しました

『ぷっちょあーん4Dゴーグル』は、UHA味覚糖『ぷっちょ』のプレゼント企画用に開発されたマシーンなのだが「プレゼント用?販売されないのか?」 という声が挙がるほどの完成度であり、実際に試した経験を踏まえると、その没入度はまさしく“悪魔的”であった。

そんな『ぷっちょあーん4Dゴーグル』がバージョンアップをして帰ってきたのだ。

banner_v3_img_1200-1200

およそ半年を経て戻ってきた『ぷっちょあーん4DゴーグルAGOKUI』には『顎(あご)クイ』機能が備わり、VR環奈さんは男装して先輩になったりしている。意味が分からない。やっぱりコレ作った人は頭おかしい。バカだと思う。最高だ

試す

img_0791-1

はやる気持ちを抑えながら、『ぷっちょあーん4DゴーグルAGOKUI』装着を装着する。まだ世界に1台しかないということもあって、取り付ける手が震える。落ち着け俺、落ち着け俺。

手伝ってもらいながらようやく装着すると、自分、剣道場に一人だけになりました。あ、なんか前回より解像度上がってますね。没入感しかない。ひんやりとした剣道場の空気が、僕の頬をかすめた気がしました。

img_0797-3

すると環奈さん、いや、環奈先輩が登場! パイセン、剣道部なんですね。パイセン、背、高いっすね! 最高です。

突如、パイセンの手が僕の顔に近づく。環奈さん、顔、近いです。めっちゃ近いです。するり、と僕のあごに触れる環奈パイセンの手。

クイッ。

img_0799-4

生まれて初めての顎(あご)クイ体験。極度の緊張で頭がぼーっとしてきた。視界が揺れる。うん、そうだった、僕は剣道部だった、そうだ。

環奈先輩「いつまで落ち込んでんの? ほら、ぷっちょあーん

img_0800-5

あーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!

燕の子供のように、僕は口を開けた。口を大きく開けたまま、環奈さんのぷっちょを待った。

img_0801-6

環奈先輩が差しだしたぷっちょは、するりと僕の口の中に差し込まれる。まぎれもない現実だ。

踵(きびす)を返して去っていく環奈さん。

「先輩!先輩待って」

環奈先輩を呼び止めたけど、僕は再び剣道場の中で一人きりになった。けど、口の中にはぷっちょがある。さっきの光景が現実だった証拠だ。

ゴーグルを外すと、撮影で待機していた真顔の同僚女性が怪訝(けげん)そうに僕を見ていた。

「オサダさん、大丈夫ですか」

あれ?なんで会社の会議室にいるんだ? と思った。

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味

オサダコウジ

慢性的に予備校生の出で立ち。 写真撮影、被写体(スチル・動画)、取材などできる限りなんでも体張る系。 アビリティ「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」 「寒い場所で耐える」「怖い場所で驚かされる」 好きなもの: 料理、昔ゲームの音、手作りアニメ、昭和、木の実、卵

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧