タイラー・コーエン「古いオーケストラ向けコンサートホールのほうが音が良いのはなぜ?」(経済学101)

access_time create folder生活・趣味
タイラー・コーエン「古いオーケストラ向けコンサートホールのほうが音が良いのはなぜ?」

今回は『経済学101』よりchietherabbitさんの記事からご寄稿いただきました。

タイラー・コーエン「古いオーケストラ向けコンサートホールのほうが音が良いのはなぜ?」(経済学101)

タイラー・コーエン「古いオーケストラ向けコンサートホールのほうが音が良いのはなぜ?」(2015年12月4日)
2018年8月26日 by chietherabbit leave a comment
Tyler Cowen, “Why older halls for symphony orchestras sound better than new ones?*1“(Marginal Revolution, December 4, 2015)

*1:「Why older halls for symphony orchestras sound better than new ones?」2015年12月04日 『Marginal REVOLUTION』
https://marginalrevolution.com/marginalrevolution/2015/12/why-older-halls-for-symphony-orchestras-sound-better-than-new-ones.html

ヴィトルト・リプチンスキーによると、それは大きさと形の問題だという。ウィーン楽友協会(1870年建設)、コンセルトヘボウ(1888年建設)やボストンシンフォニーホール(1900年建設)といった古いコンサートホールは〔長方形の〕シューボックス型になっている。オーケストラはホールの先端に位置し、「音は(約18-24メートル離れた)平行な2枚の壁と天井で反響して聴衆に届く。聴衆は演奏家たちに比較的近いところにいるため、空間は視覚的にも聴覚的にも親密だ」。

収入のためにより多くの座席が必要となり、それがコンサートホールに座席数を最大で3000まで膨張させ、ホールが良い音を響かせるのをより難しくした。とりわけ「ベース音を壁で反響させる」ことが難しくなった。

更に、異なったホールは異なった「残響」時間があり、ゆえにホールが違うタイプの音楽に使われるほどホールのデザインは妥協を招くことになる。理論的には、グレツキとバッハの演奏には別々のホールがあるべきだ。なので、多目的ホールが理想的な音を作り出すのは稀だろう。

これは彼の新しい本 Mysteries of the Malls and Other Essys*2(188-192ページ)の中にすべて書かれている。

*2:「Mysteries of the Mall: And Other Essays (英語) ペーパーバック」2018年02月20日 『Marginal REVOLUTION』
https://www.amazon.co.jp/dp/0374538093/

執筆: この記事は『経済学101』よりchietherabbitさんの記事からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2018年08月30日時点のものです。

access_time create folder生活・趣味

寄稿

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧