ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

[今田耕司・東野幸治インタビュー] コンプライアンス?何それ?“禁止されるほど試したくなる”番組『今田×東野のカリギュラ』シーズン2配信決定

img_0608-1-2

最近のテレビに物足りなさを感じている人、昭和の深夜放送が大好きだった人、“ピー音”やモザイク無しの映像が見たい人、みんな集まれー。

Amazon Prime Original『今田×東野のカリギュラ』シーズン2の配信が決定しました。

caligulas2_mainvisual-s

この番組のMCは今田耕司さんと東野幸治さん。

古くは、知る人ぞ知る伝説のユニット『放課後電磁波倶楽部』であり“Wコージ”のこのお二人が本タイトルでナビゲートする題材は、どれもこれも「限界ギリギリ」。

そう、この番組のテーマは、「カリギュラ【caligula】/禁止されたらやりたくなる心理現象」なのです。

とてもわかりやすい番組説明はこちら。

地上波放送では、禁止された企画書の数々―
マニアックすぎて視聴率が見込めない。コンプライアンス的にNG。くだらな過ぎる。
しかしそんな禁止された企画書には宝が埋もれているはず―
一度は闇に葬りさられた企画がここで蘇る

『今田×東野のカリギュラ』は、かつての地上波放送からコンプライアンスの名のもとに切り落とされた“ムダな部分”を掘り下げた、新しくも懐かしい番組。

シーズン1ではモザイク無しの狩りドキュメント『東野、鹿を狩る』から芸人の親に本気で詐欺を仕掛ける『母ちゃん、オレオレ詐欺選手権』『ガチ詐欺選手権』、更には『ホームレスインテリクイズ王』から性的なベテラン女性が登場する『教えてシリガール』など、普通にテレビを付けていただけでは絶対に出会わないタイトルが目白押し。

かつて地上波でも扱われていた“伸びしろ”の部分に着目した、Amazon Prime Originalのコンテンツなのです。

今回はそんな『カリギュラ』のシーズン2配信開始に先立ち、今田さんと東野さんにお話を伺いました。

img_0612-2

今田耕司さん、東野幸治さんインタビュー

―― 今日はよろしくお願いします。シーズン1を終えて反響など

今田耕司:うどん屋に入ったら高校生の子たちが「カリギュラって知ってる?」「むっちゃ面白いから観ろ観ろ」って話してたんですよ。その横で聞いてたんですけど。単純に嬉しかったですね。

東野幸治:シーズン1では狩猟ドキュメンタリーとか出させていただいたりして。普段行くおそば屋さんの店長、一切テレビの事を喋ってこない人が(ボソリと)「カリギュラ、観ました」って(笑)。 どうでした、って聞いたら「料理界では評判良いんですよ」(笑)。

今田:麺類ね(笑)。

東野:そう、鹿とかイノシシとか。飲食店に評判の良い番組(笑)。
あと、後藤祐樹君の話(※)とか印象的でした。
※シーズン1:『訳あって地上波ではなかなか会えない、あの人は今!? ~後藤祐樹編~』

今田:本人の話が聞けるからね、現場の再現も、こんな状況やったんや、って。この番組ならではって感じですね。

―― シーズン2では出演を躊躇(ちゅうちょ)されてる方が居るとか

東野:それはシーズン1からですよ! 芸人の嫁を風俗嬢にする『芸人の嫁 指名ダービー』って企画があるんですけど、後輩芸人のスリムクラブ・真栄田から「嫁からNG出ました、すみません」って(一同笑)。

今田:後輩の子たちみんないい子なんで、謝ってくるんですみんな。こっちが逆にその倍くらいで謝るっていう。「いやいやいや、こっちこそすまんかったなあ」っていうのは多いですね(笑)。

―― シーズン2でまず配信される8話の中で、おすすめのエピソードとか

今田:この『カリギュラ』っていうのは東野君の狩りでスタートするっていうか。狩り姿のワクワク感っていうのか。

1_karasu_sub1

東野:今回、狩りシリーズではスピンオフなんですけど、『東野、カラスを食う』っていうのが(笑)。

今田:なかなかないですからね。地上波でカラスを食うてるの見たことないですから。

東野:俺も説明受けて「わかりました」って言ったけど、よくよく考えたら主旨変わってきてるなって(笑)。

今田:目指していくのは熊っていう。

東野:まずは予行演習ってことで「カラスを食う」っていうのをやりました。

今田:あとは『特効野郎Aチーム』。昭和の我々が小さい時に見ていたテレビの裏方さんたちの職人技。

東野:爆破っていうがなかなかできなくなってきているんでね。

今田:意地とプライドが垣間見えた中での一発勝負、ってのは面白かったですね。

6_jisaku_sub1

東野:あと、竹中直人さんに出ていただいた『自作自演やらせドッキリ』。そして『家庭内下着泥棒グランプリ』っていう。

今田:面白かったですねえー。

3_shitagi_main

東野:嫁の下着を嫁にバレずに盗めるか、っていう。(今、記者でメモを)書いてる人も何書いてるかわかんないんじゃ?(笑)

今田:『稲中』(マンガ:進め! 稲中卓球部)をほうふつとさせるんですよ。直に脱がそうとしたときに「できるのか?!」っていう緊張感がありますから。これも地上波では出来ないですからね。

東野:異色ですけど『再会』っていう企画で、AVの監督がAV女優に謝りたい、っていうのも、見ごたえあるドキュメンタリー観た感じですね。

今田:夕方(の番組枠に)行けそうな感じもね。(一同笑)

4_des_main

東野:二度目の登場ですが後藤祐樹君が生半可な気持ちでタトゥーを入れる女子を叱るっていう企画。『デスペラード ~ならず者よ、正気に戻ったらどうだい?~』っていうのが立ち上がりました(笑)。

「タトゥーを入れた俺だから言うけど、お前ホンマにタトゥー入れてええんかい」っていうことで。やっぱ上から目線で「タトゥー入れるな!」って簡単ですけど、タトゥー入れた人にしかわからない色んな言葉とかがあります。

2_hinotori_main

それから、『人間火の鳥コンテスト』。写真だけでも見てください。こんなに奇麗なんですよ?(一同笑)

今田:すごいキレイやわー(笑)。

東野:誰もが一度は火の鳥になりたいと思うじゃないですか(笑)。

―― ネタバレにならない程度で、9話以降、どんな内容か教えてもらってもいいですか?

今田:あっと驚く人が、後藤祐樹君に続くスターがまだ出てくれます。知りたかった、生の声を聴きたかった人が出てくれますので楽しみにしていてください。

あと、この『カリギュラ』シーズン1、2合わせても、“最低最悪の企画”があります。(一同爆笑)
これ、思っている以上に品があって笑えます。日本のコメディーの底力見せられましたから。是非! 楽しみにしていただきたいと思います! コレ観るべきです。必見です。

東野:(シーズン2)9話以降もバラエティに富んでいて、笑ったり感心したりビックリしたりの連続なので、是非観ていただきたいと。

あと、スケジュールいつでもスタンバイしているのですが、熊の話はカリギュラの制作チームから一向に降りてこないという状況です(笑)。僕はいつでも準備万端なのですが!(笑)

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき