ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)

access_time create folder生活・趣味

ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)
ニューヨーカーは”Sake(サキと発音。日本酒のこと)”が大好き。冬は熱燗、夏は冷酒で楽しみますが、2018年1月ブルックリンに酒蔵が誕生。ニューヨーク生まれの日本酒とはどんなものなのか、ニューヨーク在住の筆者が取材してきました。

ブルックリンの最新スポットIndustry City(インダストリー・シティ)

ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)
ブルックリンといえば、Williamsburg(ウィリアムズバーグ)やブルックリンブリッジの橋の袂にあるDumbo(ダンボ)地区が人気。既に、マンハッタンに住むより高い家賃になってしまいました。現在再開発が進行しているのは、ブルックリンのSunset Park(サンセットパーク)地区。元々は、19世紀に出来たウォーターフロントにあるIndustry City(インダストリー・シティ)。寂れてしまった工場の巨大ビルを利用し、お洒落なエリアに開発しようとしているのです。3万スクエアフィート(約843坪)の広大な敷地に、16棟もの同じようなビルがあり迷いそう。

ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)
ウォーターフロントにあるIndustry City(インダストリー・シティ)からは、お隣のニュージャージー州が眺められ、なんと「自由の女神」も近くに見えます。ただし、工事中のため景観を損ねるものが多くて、あまり綺麗に見えないのが残念。ウォーターフロントと反対方向へ行くと、ブルックリン最大規模のチャイナタウンがあります。Sunset Park(サンセットパーク)地区は、以前は何もない場所ゆえ家賃も安かったのですが、これからは値段が上がりそう。開発しているのは、Chelsea Market(チェルシーマーケット)を成功させた投資会社。この次はブロンクスの構想もあるようで、ヤンキースタジアム近くのビルも購入しています。

近年Brooklyn Flea Market(ブルックリンフリーマーケット)の会場(2018年8月現在土曜日開催)にもなっているので、筆者も訪れたことがありますが、最寄りの地下鉄駅(36th Street N, R, D トレイン)を降りると、何もない田舎の町にしか見えません。しかしながら、ウォーターフロント方向に歩いて行くと、これがそうかなあという倉庫街に辿り着きます。

カフェのような開放感

ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)
Industry City(インダストリー・シティ)は、もともと倉庫・工場だけあってスペーシャス。ビル間の通路は夏はグリーンに溢れ、テーブルや椅子があり、自由に好きなところに座れます。ただし、敷地が広いのでお目当てにたどり着くまで大変。現在はまだテナントも埋まりきっていないので、立て看板を辿っていきましょう。

ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)
Brooklyn Kura(ブルックリン・クラ)は、日本酒を飲ませるというより、カフェのような開放感。アルコールを飲む敷居の高さや閉鎖感を感じませんね。気軽にお酒を飲めるのは、女性にも嬉しいもの。個人的には、店の雰囲気が「スタバ」に近い印象を持ちました。

ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)
店内の奥にあるシルバーのタンクが酒蔵です。ニューヨーク生まれの日本酒ですよ。

ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)
金曜日の夕方6時頃に訪れたら、クリエイティブ関係の仕事の人たちが多く訪れていました。ビジネス・ミーティングも兼ねているのかもしれませんね。

これが日本酒?ワインみたい!

ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)
早速ニューヨーク生まれの純米吟醸の生をオーダーしてみました。

一番人気の”#14”(ほんのり熟れたピーチハニデューメロンの香り)と、バナナの香りの”Blue Door”の2種類。

一口頂いてみると、軽くほんのり甘く、日本酒というより口当たりの良いワインを頂いているよう。日本酒独特の尖った角がなく、丸くほんわりしています。「日本酒はちょっと苦手」という人でも、スッと入ってしまう飲み口。「え、これが日本酒なの?」と驚きますよ。

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer
TABIZINE

TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにし、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。覗き込めば、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ旅へ向かわずにはいられなくなるような、そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。人生は一瞬一瞬が心の旅。皆さんが何にもとらわれることなく、自由で冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

ウェブサイト: http://tabizine.jp

TwitterID: tabizine_jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧