ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『翔んで埼玉』GACKTのビジュアルに「MALICE MIZER感がハンパない」「完全にマリス」の声

埼玉県をディスる内容の漫画『翔んで埼玉』がまさかの実写映画化となり、ビジュアル&特報が8月16日に公開。意外なところに注目が集まっている。

『翔んで埼玉』は『パタリロ!』シリーズなどの作者、魔夜峰央が自身が住んでいた埼玉県をディスった漫画だ。メインキャストは二階堂ふみとGACKT。耽美な画風でもお馴染みの魔夜作品だが、GACKTは容姿端麗な麻実麗(あさみれい)を演じる。

解禁となったポスタービジュアルでは、頭を下げ、顔は見えないものの、中世ヨーロッパ貴族を思わせるような衣装と長髪姿のGACKTに、彼がデビュー当時に所属していたヴィジュアル系バンド・MALICE MIZERの頃のようだ、と話題に。

SNSでは、

・GACKTさんのMALICE MIZER感がハンパない
・GACKTにマリス時代の面影を感じて、しんどい
・マリスのGacktみを帯びてて死ぬ
・GACKT完全にマリスやな

と、このビジュアルだけで胸が熱くなったファンが多かったようだ。

特報記事はコチラ↓
映画化してごめんなさい!?『翔んで埼玉』特報映像&謝罪ビジュアル解禁!
https://otajo.jp/73359

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき