体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハムとかローストビーフに見えちゃいます? 実はスモークしたスイカなんです

ニューヨークのDucks Eateryというレストランが、どこからどう見ても肉の塊にしか見えないスモークしたスイカを発表し、話題となっています。

Watermelon Smoked To Look Like Meat (YouTube)
https://youtu.be/n2yJQeVYv24

FOOD INSIDERが動画を公開していますが、スイカを調理する準備に4~6日かかるそうです。まずは皮をむいていきます。

コリアンダーとオレガノが入った塩水に浸けます。

樫の木の灰が隠し味です。

スモークします。

オリーブオイルとローズマリーを入れ、フライパンで焼きます。

スイカ1つで3~5人前。値段は75ドル(約8300円)。見た目は完全にローストビーフです。赤身で肉汁たっぷりの美味しそうなローストビーフにしか見えません。

味見したレポーターさんによると、肉っぽく感じるのは外側だけみたいです。肉でもない、かといって普通のスイカでもないとのこと。食べた事がない味だそうです。

『Twitter』上は、「スイカが可哀そうすぎる」、「レポーターは一言も美味しいって言ってないよね」、「誰も頼んでないことをするとこういう結果になる」、「完全にナシだよね」、「そもそもなんで?」、「なんでこういうことするかなぁ」、「警察呼んだほうがいい?」、「パイナップルがトッピングされたピザよりひでーな」、「75ドルで俺のスイカを台無しにするのか」と、ほぼ完全アウェー状態に。

アメリカでは魚を生で食べられない人が多いのに、スイカはやっぱり生で食べたいという人が多いようです。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=n2yJQeVYv24

※ソース:
https://twitter.com/InsiderFood/status/1026936016064704512

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。