体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

想像以上に絶品! タバスコをポテトチップの袋に入れて全力で振ると激しくウマくなることが判明!

刺激的な辛味と独特の酸味が特徴的な調味料のタバスコ。日本ではピザやパスタなどに振りかけて使うことが多く、辛い食べ物が好きな人には欠かせない調味料のひとつですよね。

家で余らせてしまいがちなタバスコの有効利用法

しかしピザやパスタとは相性が抜群なタバスコですが、逆に他の料理ではあまり使う機会がなく、せっかく買ったのに家で余らせてしまいがち。皆さんの家にもしばらく使われないまま賞味期限が切れてしまっているタバスコが眠っていたりするのではないでしょうか。

今回はそんなタバスコを気軽に有効利用できて、なおかつ暑い夏にピッタリすぎる使い方を紹介します!

ポテトチップの袋に入れて全力で振る!

その有効利用法とは、ポテトチップの袋にタバスコを入れて激しくシェイクするという方法。カルビー、コイケヤ、コンビニやスーパーのオリジナルブランドなど、どんなメーカーのポテトチップでもOK。うすしお味に入れるのがベストですが、だいたいどんな味にもマッチします。

ポテトチップの袋の中にタバスコを適量垂らしたら……

あとは激しく振る! 振るッ!! とにかく全力で激しくいきましょう。脳内BGMはスキマスイッチの全力少年。リズムに合わせて全力でシェイク! とにかく激しくシェイクします。

ヘールシェイク! ヘールシェイク!

そして出来上がったのがこちら。ファストフードのハンバーガー屋によくある、いわゆる「シャカシャカポテト」のポテチ版といったところでしょうか。激しく振ることでタバスコが徹底的に拡散され、全体にタバスコがちょっとずつ振りかけられたような状態になります。

辛味だけでなくタバスコ特有の酸味が見事にマッチ!

タバスコとポテトチップの組み合わせというのは割と容易に想像できる味のはず。そして味の相性以上に、乾燥しているポテトチップに液体のタバスコを垂らしたら、ポテトチップのサクサクとした食感が失われてしまうことも想像できるため、実践する人は少ないでしょう。

しかし袋にタバスコを入れて全力で振ることにより、タバスコがポテトチップを締められるのは最小限に抑えることができます。つまりサクサク感をそこまで失わずにタバスコの辛味と酸味をトッピングできるのです……!

もちろんタバスコは辛味の強い調味料なので、辛い食べ物が苦手な人にはおすすめできません。ですが、辛い食べ物が苦手ではなくて、酸味のあるポテトチップが好きだという人はきっとハマる味だと思います。タバスコ特有の酸味がポテトチップと見事にマッチ!

ポテトチップの定番フレーバーであるフレンチサラダ味やサワークリームオニオン味、さらにはコイケヤの『すっぱムーチョ』など、酸味を活かしたポテトチップもいろいろありますが、タバスコの酸味によってそちらに寄せた味に仕上げることができるのです。

今年は記録的な猛暑が続いていますが、そんなときこそ辛いものを食べて元気を出したいですよね。簡単にできるのでぜひ皆さんも試してみてください。ちなみに今年はタバスコ誕生150周年という節目の一年みたいですよ。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。